年収1000万の家計の〇割は貯金0!という事実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

涼しくなってきましたね。

貯金を増やすには、収入が多いと良いと思いがちです。あの家は、年収1000万だから、貯金が多いに違いない。人はそう思います。

でも、そうとも言い切れません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年収1000万で、貯金が0の家計が2割!

出典 2017.4.3号PRESIDENT

雑誌、PRESIDENTによると、年収1000万の家計の2割は貯金が0という事実が分かりました。

年収1000万というと、いわゆる高所得に当たります。

日本の中間層が約500万前後と言われる中、1000万というとかなり高額にも思えます。

しかし、この1000万クラスは、裕福とは言えない現状があります。

それは、なぜか?

年功序列はもう難しい。手を打つ必要がある

現在、50代前後の方は、いわゆるバブルを経験されています。そして、仕事に就けば、年功序列が当たり前の時代だった。

給料は右肩上がりに上がります。

今は、年功序列は崩れてきていますし、人事考課などが入ってきています。

当然、会社は安息の地ではありません。

給料が上がっていくと見込んで、高額な住宅ローンを組み、食費や日用品も上がっていく。生活基準が上がっていくのです。

年収が高所得になると、教育費にもお金がかさみます。

月々の塾代、私立に行けば、年100万近くのお金が飛んでいきます。

関連記事です 私立中学の学費に愕然とする

PRESIDENTでも、住宅ローンと教育費は、収入が下がっても簡単には減らすことが出来ない。と書いてあります。

しかし、収入が増えないどころか、減らされてしまう現状がある中、何か手を打たないといけないことは事実です。

収入が増えても、生活基準を上げない勇気を持つ

収入が増えていき、年々給料が上がっていくと、人は安心します。

周りも同じような給料をもらっていれば、生活基準が上がっていることにすら、気が付きにくいでしょう。

知りあいのバブル経験者に聞くと、当時、かなりのお金を皆が持っていたが、貯金していた人は、ほとんどいなかったと聞きます。

そして、「もっと収入が増える、もっと買っても大丈夫。」という安心感から、カードローンを組み、借金が増えたと言っていました。

関連記事です お金持ち体験したから貯金が出来なくなったじゃない~バブル経験者の爪痕

しかし、ここが踏ん張りどころ。

収入が増えても、生活基準を上げないのです。

家賃と同じくらいの住宅ローンを組み、教育費もお金のかからない方法を模索する。

周りのママ友ファッションや、お付き合いに肩を並べず、自分の余裕のある範囲で生活する。

そうすれば、給料カットや残業カットも怖くない。

ウメの上司が変わり、人事考課の査定が変わった

さて、ここで私の体験談を話します。

私は、今の職場で長く役職についています。以前の上司からの査定はいつもA判定でした。

しかし、今は、同じ役職だった人が上司になりました。

なんとなく理由は分かるのですが、私ともう一人の役職者への風当たりが強くなりました。(もう一人は役職を辞めました)

上司が、悪いといいたいのではありません。

まぁ、性格の合う合わないもあるでしょうし、全ての人から好かれるのは無理ですから。

そんな訳で、査定も当然下がります。

でも、査定が下がり、ボーナスが減ったとしても、私は媚びを打ったりすることは嫌なんです。

恐怖を乗り越える勇気を持とう

誰しもが、クビになったらどうしよう? 上司に嫌われたらどうしよう? 給料が下がったらどうしよう?

と思った事があると思います。

しかし、恐怖をずっと感じていても、環境は変わらない。だったら、恐怖を乗り越えてしまえばいいのです。

私は心の中で

査定がなんじゃ!私は一生懸命仕事をしているんじゃ!

と思っています(汚い言葉で…失礼します)

出世なんて上司が変われば、どうとでもなってしまう。

人によって評価が変わるのは仕方がないことです。

媚びを売るのが嫌、自分の信念を持ちたいなら、あきらめも肝心です。

しかし、私は、自分の仕事に誇りを持っています。

そして、仮にボーナスが数万円下がったとしても、それで人生が変わる事はないのです。

毎日、ゆとりがある生活をすれば、嫌な事はしなくていい

もし、毎日の生活がギリギリで、貯金が0だったとしたら…。こうは言っていられませんよね。

しかし、年収が数万円下がったとしても、余裕がある暮らしをしていれば、そこまで気にする必要はなくなります。

嫌な事をどうしてもしなくてはいけないこともないし、間違っていない事で、上司に頭を下げる必要もありません。

そういうために、貯金があるといいのです。

お金に振り回されるのではなく、お金がある事で、私達は守ってもらえるのです。

さあ、生活を小さくして、お金にゆとりを持とう

年収が1000万あって、貯金が0の人も、年収が300万で貯金が0の人も、大切な事は、生活を小さくする事。

そうすれば、なにかトラブルがあっても貯金が助けてくれます。

そして、心の支えになってくれる。

今後、年功序列は崩れ、パワハラ、セクハラ、過重労働、人間関係のストレスなど色んな問題が出てくるのが仕事です。

そんな中で、周りの評価にぶれることなく、自分の信念を持つためにもある程度のお金は必要です。

そうです、見栄を張って買い物をしている場合じゃありません。

その買い物!見栄じゃない?

今から一緒に楽しく貯金していきましょう。

関連記事です

年収1000万でも貯金が○○以下?!~金持ちになりたければ、○○をやめよう

40代平均貯金額と母子家庭平均貯金額っていくらなの?

ウメでした。

貯金をふやしたいならこちらの記事をどうぞ

黒字家計に転身するには②~美容費・化粧品~

黒字家計に転身するには~日用品~

年100万円ためる9つのわざまとめ

私が500万円貯められたわけ①

私が500万円貯められたわけ②

仕事を辞めたくなったらこちらの記事をどうぞ

仕事に行きたくない月曜日に

仕事を辞めたいと思ったら読んでほしい~続けているあなたは偉い~

荷物背負い過ぎていませんか?

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。