40 代平均貯金額と母子家庭平均貯金額っていくらなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

今日は40代の平均貯金額とシングルマザーの平均貯金額について考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

40代平均貯金額は707万円、シンママの平均貯金額は263万円

この平均貯金額の情報は、こちらから引用、出典させていただいています。

常陽銀行 ホームページ

http://www.joyobank.co.jp/woman/column.html

40代平均貯金額の平均は707万円、シンママの平均貯金額は263万円でした。

40代と言う年齢は、子育ての出費も多く、また、マイホーム購入などもあって、実際の貯金額より、負債額(住宅ローン等)が多い傾向にあるようです。

また、母子家庭では、平均貯金額が263万円です。こちらの数値は、40代平均ではなく、母子家庭全平均の額となっています。

こうしてみると、母子家庭の平均貯金額が随分と低い事に気が付きます。

でも、あなたが、シングルマザーでこの貯金額を上回っていたら、

安心してください!平均より上ですよ!

平均はあくまで目安。自分なりの貯金をしよう

平均より上回っているあなたは素晴らしいですね。

でも、平均を下回っていても、大丈夫。

年収によって、貯金額が違うものです。支出が月にいくらくらいあるかを計算してみて、まずは3カ月、半年、1年と生活費を貯めるつもりで貯金してみましょう。

貯金の目安としては、やはり収入が大きく左右します。もし、病気になって働けなくなったら?私もそう考えると、背中が寒くなる時があります。

貯金と並行して、保険を見直したり、シングルマザーがもらえる制度、もしくは働けなくなった時に得られる収入などを確認しておくことも必要です。

会社に働いていて、厚生年金に加入している場合、病気で働けなくなった時には、傷病手当がもらえます。1年半ほどもらえますので、仕事が出来なくなった時の目安に確認することが必要です。

関連記事ですシングルマザーこそ もしもの時のお金の事を知ろう

平均を目安にして、貯金をしてみよう

貯金ははまってしまうと、いくらあっても不安になります。

そうならないためにも、平均を知ることは大切です。

しかし、平均額ないからといってもあせる事はありません。

今から、貯めていけば大丈夫だからです。

先ほども述べたように、まずは生活費の1年分を貯め、それから徐々に平均値へつなげればいいのです。

そして、1000万円貯めても、2000万円貯めても不安はあるといいます。それは、未来が予測できないからです。

しかし、そういった場合も、平均値を知ることは大切です。

大体の平均値を知ることで、安心感を得ることが出来るからです。

貯金が出来ないとなげくあなたに

実は、私も全然貯金が出来ませんでした。

過去、年7万円しか貯められないこともありました。

そんな私が、年収はほとんど変わらないのに、1年で100万を貯められるようになっています。

シングルマザーが貯金で成功!年7万→年100万貯められるようになった訳に詳しく書きましたが、貯めようと思うときがまさに貯め時です。

収入を増やせるなら、増やした方がずっといいですが、普通はなかなか増やせない。

だったら、支出を減らしていくしかないのです。

また、貯められないのは収入が低いから。といい訳をついついしてしまいますが、収入が高くてもなかなか貯金できない家庭もあります。

つまり、収入が低くても、工夫次第で貯金も可能という事です。また、収入が多くても、お金の管理が出来ないと、貯金はいつまでも出来ません。

シングルマザーは平均年収が低いというデーターがありますが、年収1000万の家計の〇割は貯金0!という事実 に書いた通り、収入が高くても、貯金0という家計がある事も事実です。

家計簿をつけて、自分がどこにお金を使い過ぎているかが分かれば、その項目を少しづつ削っていけばいいだけ。

後は、そう、固定費の削減です。携帯を格安SIMに変える、保険を見直すそういったことだけでも、数万円浮くことがあります。

固定費は、毎月引かれるものなので大きいです。ここが、抑えられるかどうかが貯金のキーになります。

こんなに浮くの?とびっくりします。

詳しくは格安SIMのすすめ 私が160万円 得したわけを読んでみて下さい。貯金できるヒント、貯められなかった私が貯められるようになった訳が分かります。

楽しみながら、貯金をしていきたい~まずは月の収入半年分から貯めてみよう~

貯金は0という家計もあるのが現状です。しかし、不安な気持ちばかり募らせていても仕方がない。

1万円でも、2万円でも貯金を増やす事で、貯金が増えていくことも事実です。
ある程度貯金も貯まったら、安心感も得られます。

おすすめの目標は、毎月の収入分の半年分を貯める事です。半年分が貯まったら、1年分、3年分と目標を持って貯めていきます。

私も、300万円貯金が貯まった時に、「これで、仕事が1年出来なくても1年間は何とかなる。」と思いました。

そして、貯金が貯まり始めると楽しくなります。

貯金も節約ばかりを意識して貯めるより、老後の貯金、旅行貯金、洋服の貯金などと、楽しみに応じた貯金をすると、基本的な貯金を切り崩すことがありません。

一度貯めた貯金を切り崩すと、モチベーションが下がってしまうので、出来るだけ目的別の貯金をおすすめします。後、予備費貯金もいいですよ。私が500万円貯められたわけ②

「絶対に、1000万円貯めないと」という意識より、「これだけ貯められて偉い」と前向きに思いながら貯金をしていく方が、楽しいです。

平均値を超えられたら、あなたも貯金名人ですね。かっこいい!

さあ、未来の楽しい生活を想像して。

関連記事です不安でお金を貯めてはいけない。不安の乗り越え方。

年100万円ためる9つのわざ まとめ

年収1000万円でも貯金が○○以下?~金持ちになりたければ、○○をやめよう

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。