年収1000万でも貯金が○○以下?~金持ちになりたければ、○○をやめよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

お金持ちって、好きな事をして、高級外車に乗って、豪邸に住んでいるイメージがありますよね。

でも、本当にお金持ちになりたいなら、見栄や計画性のない買い物をしていてはダメなんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年収1000万でも貯金が100万以下の家計がある?

例えば、年収900万~1000万円以上の世帯では、貯金が沢山出来るだろうと思われますが、総務省のデータを見てみると、貯金が100万円以下の世帯も結構多いこという事が分かります。

出典 総務省統計局http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001180848

さて、お金持ちになりたいと思うとき、想像するのはどんな生活でしょうか?

豪邸に住んで、好きな時に海外旅行。お金のかかった洋服に、外車を数台所有する。

華やかでうらやましいと感じますが、常にその生活スタイルだと、おそらく年収数千万円ないと難しい。

そして、その生活をするためには、それ相当の維持費がかかります。

生活水準が高いと、低く下げるのは難しい。では、年収が上がっても生活水準が変わらなければどうか?

もし、あなたの年収が倍になったら、どうしますか?

おそらく、好きなものを買えるし、家もグレードアップするかもしれない。旅行だって行きたい放題。

そうしているうちに、どんどんと生活の基準が上がっていきます。

生活基準が上がるとは?

大きな家に引っ越せば、住宅ローンが増える。
電気代や水道代も上がる。家具も家に合わせて買い換える。

車を1台から2台に増やせば、ガソリン代や保険代がかかる。外車は、メンテナンスや故障の費用が高い。

服を高いものに買えると、それに合わせて、バッグ、靴などももっとグレードアップしたものが欲しくなる。

周りがお金持ちだらけになると、自分も周りに合わせようと、もっと高いものを買う。

知らず知らずのうちに、どんどんお金が出ていくようになります。

生活の基準は一度上がると下げる事が難しい。
そして、周りの目を気にすると、見栄で買い物をしてしまいます。

関連記事です新婚さんに見る、貯金を増やしたいなら○○の項目を削れ

では、お金を貯められるためにはどうしたらいいのか?

これは、どんな場合にも言えることで、私も「今月は臨時収入があったから、贅沢しちゃおう」と思うことがあります。しかし、その度にお金を使っていては、収入が上がっても貯金が増える事はありません。

収入が増えたら、その分貯金をする。そして、生活水準をすぐには上げない。

そうすることで、必然的に貯金が出来るようになります。

金持ちを目指すなら、見栄と衝動買いをやめよう

ついつい、周りに合わせてお金を使ってしまうことってありますよね。

飲み会に行って、使い過ぎてしまったり、友達とショッピングに行って、洋服を衝動買いしてしまったり。

若い時は特に多かったように感じます。

私も、20代の頃は、友人とよくショッピングに行っていました。皆で、ショッピングって楽しいんですよ。

でも、家に帰ると、「なんでこんなの買ったんだろう?」と思う事が多く、着なくなる服もありました。

それはなぜなのか。

友人と買い物に行くと、その場の雰囲気に合わせて、衝動買いをしているのです。

こんなの買うつもりじゃなかったのに、ついつい試着したら、皆が褒めてくれて。

そして、「これ可愛い」と思って買っても実は似合っていなかったり。

衝動買いは、決していいことはありません。

そして、見栄で買い物をする場合。

あのママが持っていたブランドバッグ、私も欲しい。とか、皆が、ブランド物を持っているから、私も欲しいとかいう理由で買い物をすることです。

そういった場合は、相手にどうみられるかを気にしているので、本当に満足が行く買い物ではない事が多いのです。

そう、お金があっても、なくてもお金を無駄に使う誘惑はそこらにあります。

そして、お金持ちになるには、その誘惑に勝てる事が大事です。

関連記事です 年収が高いけど貯まらん家計にみる、お金が貯まらない罠とは

せっかくだったら、自分の好きなものにお金を使おう

誘惑に勝ち、見栄をはらなくなったら、自分の好きな事にお金を使いましょう。

そして、お金にゆとりがある生活を送りたいものです。

好きなものと、好きな人に囲まれて自由な時間を沢山使える。

これこそ、幸せなお金持ちですね。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加