ミニマリストの洋服を公開 春から初夏。11着+αで着回ししよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

大分暖かくなってきましたね。

厚手のダウンやコート、ニットは徐々に衣替えとなりました。

クローゼットの中もすっきりと薄手の服が顔を出しています。

さて、今日は少ない服で着回すミニマリストウメの春から初夏バージョンです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

春ももちろん。ミニマムで。少ない服でスッキリ着回す

さて恒例のトップスからいってみましょう。なんか見た事あるわー。ってアイテムが多数でてきます。

いつも読んでくださるあなたは、「あっ、これはアレね。」と思いながらどうぞご覧ください。

シャツ3枚

安定のシャツです。厚手のネルシャツは冬用のタンスへ。シャツは3枚で大体事足ります。

ストライプシャツ VIS

ダンガリーシャツ ZARA

白シャツ Theory

シャツはど定番があれば、安心です。着回しがきくものがベストです。羽織ったり中に着たり、そのまま着たりと着回しがききます。本当にシャツはいつでも着れて便利です。

カットソー3枚

ボーダーカットソー UNIQLO
黒と白のカットソー OPEC.CLIP

どちらも2990円位です。

ボーダー・白と黒と合わせやすい色だとボトムスを選びません。

また、柄物を出来るだけ避けた方が着回しやすいです。

まだ長袖が必要ですが、初夏から夏にかけてこちらは入れ替えになります。

トップスはその時の気温に合わせて、一枚で着たり、シャツと重ねて着たりします。

また、ユニクロの極暖は着ないけど、ヒートテックインナーの薄着を着たりして調節しています。ヒートテックインナーがあると、服の数が少なくても体温の調整が出来るから便利です。

ボトムス 5着

左から

デニム GAP

ベイカーパンツ アーバンリサーチ DOORS

ステッィクパンツ ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング

ワイドパンツ ユナイテッドアローズ グリーンレベルリラクシング

タイトスカート ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】


色もベージュ・ブラック・ネイビーと同系色や合わせやすい色であれば、トップスとボトムスが合わないことがありません。

唯一のカラーパンツはカーキですが、ど定番になりつつあるベイカーパンツは、トップスも合わせやすい。

そして、こちらは春夏物のスカート(写真右)

タイトスカートだけど、丈長め。カーゴスカートでカジュアルにもきれいめにも使える優秀なスカートです。

なんか、秋も冬も見たことあるんだけど…って声が聞こえてきましたよっ。

だって。40代オールシーズン着れる服ばっかりだもん。着倒してから買い替えなので…見た目変わり映えしませんね。

でも、お財布には優しいです。

+α2着 春のアウターはこれがあればいい!

春と言っても朝晩が冷えたり、日によっては寒い日もあります。

そんなときもこれがあれば十分。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケット ZARA

ノーカラージャケットは40代にとって救世主。きれいめにみせてくれるし、寒い時には、ささっと羽織ればカーディガン代わりになります。

デニムにも合わせやすい。

もちろん、ベイカーパンツにも。

定番の服にジャケットを羽織るだけできれいめに上品に見せることが出来ます。

通勤できれいめな格好をしないといけない会社でも、少ない服でオン・オフどちらも着回せます。

トレンチコート

何年も一緒のトレンチコート。着ていない時期が少ないんじゃないかっていうくらい、オールシーズン着ています。インナーの取り外しができるものが便利です。

私がど定番でシンプルな服を好むわけ

こうやってみると、流行り物はほとんどなく、昔からの定番服が多いです。

定番服の中でも、シンプルなラインや、シンプルな服。カットソ―一つとっても、飾りもなく普通のラインのカットソーを好みます。

loilamtan / Pixabay

それでも、買い替えるたびに、やはり少しは流行の要素が入っています。袖はボリューム袖になっていたり、ラインがゆったりしていたり。

パンツのラインもワイドになったり。

少しは流行を取り入れつつも、いつも着る定番だからこその安定感です。

そして、シンプルな服は飽きがこない。流行最先端のお洋服ももちろん素敵です。おしゃれに着こなしたら楽しいと思います。それでも、来年再来年は着れないだろうなと思うのです。

流行を追い求めて洋服を買っていた頃は、沢山の服があるのに、上手くコーディネート出来ない。そして、飽きがきやすい。

また、インパクトがあって可愛い服は1枚でも十分存在感があります。

しかし、存在感がある服は、沢山着なくても「えっ?またその服?」状態になるのです。
それだけ、自分や周りの人に印象付けられやすいからです。

例えば、毎日スーツで通勤しているとして、それを見て「同じ服」とはあまり印象づけられません。

yoshenko / Pixabay

しかし、ものすごーくハイセンスでおしゃれでも、頭から足までまっピンクの洋服を3日続けてみたら「えっ、その服、また?」と思います。

それだけ、印象の強い服は周りに記憶されるのです。

ドラマの主人公が、毎回おしゃれにハイセンスな服を着こなすのは、やはりテレビだから。

毎回、違う服で登場するセレブリティと、私達庶民では、服の選び方が違って当然です。

定番でシンプルな服は、見た目にも落ち着きますし、インパクトもそこまでありません。おまけに飽きない。だから、少ない服でも楽しく着回すことが出来るのです。

ミニマリストの洋服。少ないけどオールシーズン同じだね

こうやって見てみると、

15着で着回す秋冬服とあまり変化がありません。

そう、オールシーズン着れる服が多いから、季節ごとに買い足すことがないのです。(復唱しましょう)

変化には乏しいですが、飽きがくることもありません。ただ、オールシーズン着れる服を着ていると消耗するので買い替えは必要となります。

今年もきっと買い替えないといけません。こうやってブログに載せると、ものによっては、大分消耗しているな~と思うものも沢山あります。

でも、お気に入りばかりで「もう少し、着倒してから買い替えよう」と思ってしまいます。

これも、少ない服ならではです。

少ない服で着回す。プチプラか?お高めの服か?問題

さて、少ない服で着回す場合、プチプラで買う方がいいのか?お高めのしっかりとした記事を選べばお得なんでしょうか?

私を始め多くの方が悩まれていると思います。

さて、今まで40年の経験をもとにどちらがお得かを考えてみましょう。

プチプラ 失敗談

Free-Photos / Pixabay

ニットやカットソーは生地が薄く、すぐに首回りが伸びてしまったり、洗濯をしたらよれよれになったという経験はありませんか?

今はプチプラの生地の質も随分と良くなってきていますが、ニットや生地がうすいトップスは、数回着たらよれてきれなくなったという事もあります。

後は、ボトムスです。ボトムスはプチプラでもいい物が多いのですが、丈が短めだったり、着ると太って見えたりするものもあります。

また、ゴムで出来ている物は楽なのですが、長く履くとゴムが伸びて履けなくなる。丈感は大事です。寸足らずになるとかっこ悪いし、太って見えるのも嫌だし。

プチプラだからといって、激安の服に走るのではなく、生地感・縫製をよく見る必要があります。

もちろん、プチプラでもしっかりとした物、長く使えるものもあるので、値段で買わなければ失敗しません。

プチプラ 成功談

プチプラの良さは何と言っても、そのお値段。「えっ!この価格で買えちゃうの?」と驚くものだってあります。

子供の洋服などもすぐに大きくなってきれなくなるので、基本はプチプラで購入しています。

また、白のお洋服はけっこう汚さないようで汚してしまう。高い服を買ったのに、白で汚れが取れなくなった時など、泣きたくてたまりません。

しかし、プチプラだと安心して着ることが出来ます。また、流行を取り入れた洋服もプチプラがいいでしょう。流行の服は、自分に合うと思って買ったのに、いざ着てみると「なんか違う」という事があるものです。

おしゃれをしたいと思う気もちも大事です。しかし、今まで着た事のない洋服はまずはプチプラで買った方がいいのです。

そして、今年限りとか、来年までと決めた服はプチプラで着倒す気持ちで買えば失敗はしません。むしろいつも、きれいな服を着ていられるので流行もほどよく取り入れられます。

プチプラおすすめは UNIQLO GUZARA 無印良品などです。

ちょっとお高めブランド 失敗談

お高めの服の失敗談は、流行ものを買うと失敗します。

流行ものは一時の流行りなので、あまり流行を追い求めた洋服は数年、早ければ1年で着れなくなります。

また、年と共に体型や似合う服は変わってくるもの。20代に履いていたタイトスカートやミニスカート…。同じものは40代には似合わない。

ちょっと派手なワンピースなども数万円するあの、ダイアン(DVF)も着れなくなります。

いくら素敵でも、流行を追い求めていたり、体型があまりにピタッとしたものは、お高めの服でも着れなくなります。生地や縫製はいいのですが、着る勇気がなくなります。

高いので、捨てるに捨てきれず。売って少しでもスッキリとするしかありません。

高い服 成功談

rawpixel / Pixabay

さて、高い服でも成功したものもあります。上記に載せたトレンチコートは4~5万円したとおもいますが、8年以上着ています。
しかし、ほんとくたびれません。

また、ニットなども少し高めの方が持ちがいいです。洗っても形が崩れにくく、着心地がいいのです。ニットやコートは素材感が出ます。心地よく過ごすためにもすこし素材にこだわると後悔がありません。

また、形の変わらないスーツも長いものでは10年以上着れます。スーツやジャケットも素材にこだわって買う方がいいでしょう。

ベーシックアイテムのボトムスは少しお高めの方が、長く履けます。デザインや素材がいいからです。そして、丈もたっぷりある物が多いです。もちろん裾上げもしてもらえるので、自分に合ったジャストの丈が履けます。

ちょっと高めのブランドでは、カジュアルウェアからビジネスまで【グリ─ンレーベル リラクシング公式通販】が好きです。ベーシックなアイテムがそろっていて、40代、50代でも着やすい服がそろっています。

ボトムス、コート、ニット、ベーシックなアイテムはお値段高め。流行もの、今年限りで着倒すものはプチプラで買おう

消耗するもの、流行を意識したものはやはり、プチプラで。質が良い方がコスパが良いものはちょっとお値段が高くてもいい物を。

そんな中でもトレンチコートやボトムスは数年着れる物が多く、結果、お財布にも優しいのです。

逆に、カットソーやシャツはプチプラなどと割り切って買いもをのすると、お金も使い過ぎずにすみます。

こうやって私は、出来るだけお金をかけずにおしゃれをしたいと工夫しています。

そして、少ない服で着回すためには…トップスは、シャツ、カットソーが使えますし、ボトムスはカジュアルにもきれいめにも着れるものを数種類持っていると使えます。

少ない服っていったいどんなアイテムなの?と思うかも知れません。いたって、普通の服だという事がお分かりいただけたと思います。

そして、アイテムとしては定番でシンプル。これが一番です。

どんな服を選ぶかはその人それぞれ。でも、シンプルな服は飽きがこず、着る人を選びません。

今年のファッションはお金をかけず、掃除もしやすいミニマムクローゼットを目指しませんか?

ウメでした。

この記事を読んだらこちらもおすすめです

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加