ミニマリストのワードローブ 11着で着まわす冬2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

少しずつ寒くなり、冬服の出番がやってきました。

今年も、去年、一昨年と長く着ていく服もあり、消耗して新しく買い足した服もありといったラインナップです。

それでは、今年のワードローブです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ミニマリストのワードローブ 11着で着まわす冬2019

厳密に言うとアウターを含めない数です。アフター含めると+2着。

あと、防寒予防として、ヒーットテックの極暖数枚と、ウルトラライトダウンベストがあります。

ほかには、タイツとか。

まぁ、少ない服で過ごすためにインナーやウルトラライトダウンを使いまくっています。

そこらへんも踏まえて、洋服のワードローブ11着、アウター2着で13着ですね。

去年より増えてる!Σ(・□・;)

というわけで、今年大活躍中のミニマリスト冬のワードローブいってみましょう!

トップス6着

トップスはわかりにくいと思いますが、左上から時計回りにいきます。
左上 リブニット ミラオーウェン

リブニットは今年購入。今年流行の茶色にしました。生地がとっても着心地いいんです。

おまけに細く見えてワイドパンツやスカートだけでなくデニムとも合わせやすい。

ほどよい空き具合のVネックです。茶色の服ってあまり挑戦したことがなかったのですが、これは合わせやすい。

右上 アンゴラニット

去年から引き続き。色はネイビーです。アンゴラなのでふわふわのさわり心地です。寒い日は中に極暖を着ています。ネイビーなので黒の極暖がちょっと見えても気にならない。ちなみに、茶色のニットは消耗したので手放しました。

左中 リブニット URBAN RESEARCH DOORS

こちらも大好きなリブニット。秋口から活躍します。色はブラック。使いやすいので買い替えたいんですが、毎年すぐ売り切れてしまう人気商品。襟の空き具合が絶妙です。

右中 カシミヤタートルネック ユニクロ

こちらユニクロ。カシミヤのタートルネック

毎年同じものを着ています。まだ買い換えしていませんが大分くたびれてきました。

左下 タートルネック チャオパニック

グレーのタートルネックを新しく投入。合わせやすいです。

生地は厚手です。

グレーも何にでも合います。

右下 厚手のニット URBAN RESEARCH DOORS

厚手のニットを買いました。寒すぎる日に着ています。もこもこしているのでボトムスはすっきりしたものを合わせます。

デニムやスカートにあわせてゆるっとした着こなしをします。こちらも去年か今年のセールで購入した服です。

今年もニットが多いです。特にお気に入りはDOORのリブニットとミラオーウェンのリブニット。

秋口から冬、そして春まで使えるすぐれものです。
リブニットが好きなのは、細く見えること。そして、ボトムスがなんでも似合うことです。
何度も着ると、襟ぐりが伸びてくるので、リブニットは割といいものを選ぶようにしています。それでも1万円以下です。

ボトムス4着+ワンピース1

相変わらずボトムスもわかりにくいと思いますが、トップスと同じように簡単にご紹介。

左上 ワイドパンツ  green label relaxing

左中 リブニットワンピース  ユナイテッドアローズグリーンレベルリラクシング

去年に引き続き、丈長めのストンとしたシンプルなワンピースが着やすい。今年もチェックのストール活躍してます。

右上 デニム ユニクロ
ユニクロのデニムはストレートタイプ。合わせやすいしお値段もお手頃なのでどんどん着れます。

左下 リブニットスカート ミラオーウェン
こちらも今年購入。着たときのラインの美しさに嬉しくなるスカート。

右下 ストレッチテーパードイージーパンツURBAN RESEARCH DOORS

去年から引き続きオールシーズンといっても過言ではないストレッチテーパードのパンツもウエストがゴムで履きやすい。

テーパードパンツはアンクル丈。

ボトムスは去年、一昨年とほとんど変わり映えしませんが、生地感が厚すぎず、薄すぎず。というところ。

秋口に買うと割とうまくいくことが多いです。真冬に買うと厚手すぎて、秋・春に着回しがきかない。

それはちょっともったいない。

というわけで、生地感を大事に選びます。色もネイビー・ブラック、ベージュといったところです。

お気に入りは今年買ったミラオーウェンのリブスカート。どんだけリブ素材が好きなんでしょうか。

ニットスカートは体のラインが出やすくて、スタイルに自信のない私は敬遠アイテムでした。しかし、このスカートは試着してみて、そのラインの美しさにびっくりしました。肉厚で体のラインが響かないのでスタイルに自信のないアラフォーでも大丈夫。おまけに、もう1枚のスカートと悩んでいたそちらの方が、体のラインが(特にお尻ね)くっきりと出ていました。

このスカートはタイトなんですが、ニット素材で動きやすい。タイツを合わせたりして真冬まで着まわします。

アウター2着

長年着ていたボッシュのトレンチコートを手放しました。かわりにgreen label relaxingのマウンテンパーカを買いました。

マウンテンパーカーって暖かくなさそうと思っていたのですが、冬用のマウパは生地も厚い。おまけに防水。雨の日なんかにかなり使えます。

今年も活躍。ウルトラライトダウンベストと極暖。これがあると薄手でも冬まで過ごせちゃうから素敵です。

あと、リブの厚手タイツ。これがあれば暖かい。

少ない服の買い方は

私のワードローブはヒートテックやタイツなどを除き、15着以内に収まっています。

そして、服が増えないようにするためにルールを作っています。

1out1inのルール

1つ手放して1つ買うと服の数は増えないのでこのルールをある程度守るとお金も時間も節約出来ます。

今着るものを買う

このルールも大切です。以前の買い方は数か月後を見越して買うという方法です。これだと安心感は得られますが、あまり着ない服が出てきます。

私は、ニットは去年のワードローブで記事にした服と変わってくるのですが、着ている間に消耗してきます。その服は手放し、その時期に売っているものを購入します。

セールになっていたらラッキー。

まとめ~着回し利く服です。しかし、地味~

こうしてみるとやっぱり私は着回し重視です(笑)そしてどうも地味。おまけにシンプル。

しかし、今はこの地味さとシンプルさがお気に入りです。

去年の冬服を見てみると、だいぶ手放しています。1アウト1インを目指しているので、消耗してから新しい服を買う私は、服を買う時期もバラバラ。あまりまとめて買いません。

そのため、消耗して買い替えるので、去年かったのか、今年の冬のセールで買ったのか確かではないのですが、去年の記事を書いてから新しく投入した服があるな。と思いながら見比べていました。それくらい、記憶があやふや。

毎年アイテムに代わり映えがなくて、相変わらずド定番です。

しかし、毎年見比べてみると、自分のスタイルや好みが一貫していることに気が付きます。

今はこういうスタイルが自分に合っていて、着回ししやすい。

年とともに着れる服や似合う服が違うと思います。その都度、更新していきながら少ない服を楽しんでいきたいと思います。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加