服を買う基準が変わったら、お金にゆとりが生まれた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

季節の変わり目って服が欲しくなりますよね。

私も衣替えをしだして気が付きました。

あれ?秋服、なくね?

しかし、どうも買い物に行く気がしない。

ショップを見ても何となく強烈に欲しいと思う服がない。

これは、私の思考が変わったの?それとも物欲が異様にないの?

そこで、冷静に考えてみました。

服を買う基準が変わっている。

そうです。昔は「可愛い」「素敵」が欲しいから買うの基準。

今は、「必要」「着まわせる」か買うの基準。

「服を買う基準が変わった。欲しいから必要へ」

そんな気持ちです。

服を10着で着まわしていると、それ以上増やすことがストレスに感じることもあります。

昔は服を買っても買っても、服がない状態。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

秋服のコーデは、夏服プラス羽織りで十分だった

今は、肌寒い。でもちょうどいい服がないからとりあえず、上着を羽織っておこう。とそんな風にして肌寒い時期を乗り越えています。

秋用のニットとか、秋用のボトムスをわざわざ買うまでもない。

もう、冬に突入して夏服が着れなくなるまで秋服という限定の服は買わないかもしれません。

肌寒い、でも昼間は暑い。そんな時は、夏服に羽織り。これで過ごしています。

もっと肌寒くなったら、

去年のこのスタイルで行こうと考えています。

しかし、このスタイル、だいぶ手放したものもあります。シャツなんか、手放したし、ボトムスも手放しているものがあります。

今年の夏はこんなスタイル。

結果、

今年の夏服プラス羽織りです。

明らかに真夏用の服を除いてこれに羽織りを足して秋服完成です。

秋服も夏と冬の間ということで、意外に服選びってむずい。

そのため、やっぱり使えるのが

オールシーズン着回しの利く服です。(‘ω’)ノ

トップスもボトムスも冬用を手放した分、また新しいアイテムを買うと思います。しかし、どうも買う気持ちになれない。せっかくなので、ゆっくり考えてから納得のいく服を買います。

まぁ、服が少なすぎるのもどうかと思いますが、少ない服が心地よすぎて買い物熱が急激に下がっています。

服を買うために働かない

おかげで、服のために働くということはありません。物のために働いていた私ですが、今は生活のため。

何かを買うためだけではなく、働くことは社会に貢献できる。

そう考えられるようになりました。

お金のために働くのではなく、物のために働くでもない。そして、それはお金にゆとりが生まれないと考えられないことだと思います。

カードローンがあり、欲しい服だらけの時にはこんな風には考えられなかった。

同じように働くとしても、その気持ちが違うと仕事へのストレスも随分と違います。

だからといって、働く事はやはり大変。つらい時だって正直あるし、自分の意見を言いかけてあきらめることもある。

それでも、お金だけのために働いていた時より、ゆとりが少しあるだけで気持ちが違ってきました。

お金のために働くという考え方が少なくなり、服や物を身の丈以上のものを買わない。

そして、収入の範囲で暮らせるようになる。

あとは、今持っている服で乗り切れないか?

そう考えられるようになりました。

新しい服を買って嬉しいのは、ほんの一瞬。

すぐに新しい服にも慣れて、飽きてしまいます。

ならば

服のために働かない。

私にとって、大切な教訓。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加