服は新商品が欲しくなる。服の出費を抑えるコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

春になり、あったかくなってきました。

先日、久しぶりにデパートへ行きました。

もう、新しい季節の服がたくさん出ていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

服は新商品が欲しくなる。服の出費を抑えるコツ

洋服は少ない枚数で1年を過ごしています。そんな私でも、季節が変わると、欲しくなるもの、

それはお洋服です。

新しい季節のものは、特に魅力的です。ついつい買ってしまいそうになります。

まして、久しぶりにデパートなんていってしまい、その日はネットで「1枚新しい服を買おうかなー。」と久しぶりに本気モード。

やっぱりワンピースかな。なんてネットで探していました。

いつもは買わないのに、ついつい服が欲しくなるポイント

違うよー。という方もいらっしゃるとは思いますが、

服を欲しくなる時はいくつかポイントがあります。

☑衣替えのとき

重たいコートを脱ぎ、新しい春服へと衣替えをするとき。こんな時、新しい服が欲しくなります。お店も一斉に春服を並べます。それは魅力的にうつります。そして、ふらふらっとお店に入りたくなるんです。

☑人に会う機会や学校行事への参加などが増えるとき

コロナ渦で人に会う機会や、ランチする機会も減りました。しかし、最近、ママ友達や友人と会う機会が増えてきて、お洋服…いつも同じだしね。という言い訳がてら買い物したくなります。ズバリ、見栄の消費です。わかっちゃいるけど、買いたいよー!

服を衝動買いしないコツ

・・・しかし・・・

落ち着いて、「いやいや、今年は節約頑張りたい。服もできるだけ買わないようにしよう。」そう思った私。

何をしたかと言いますと、衣替え!です。

春物、夏物でもう少ししたら着れそうなお洋服をクローゼットにかけました。

すくないお洋服、全てを把握しているつもりでいますが、実際に出してみる。

・・あれ?こんな服もあったよね。

・・そうそう。この服、お気に入りだった。今年も着よう。

あるじゃないですか。お気に入りの服が。

そして、コーディネートしてみる。気分は、スタイリストさんです。

そう、衣替えをして、ある服で何パターンかのコーデを作る。すると、落ち着きました。

冬物を着ていると、軽い可愛い春物についつい目が行ってしまいます。ですが、自分のクローゼットにもお気に入りの春・夏のお洋服がありました。

この洋服を手放すか?

そう自分に問いますと、答えはノー—–です。

おかげで、あやうく似たような服を買うかもしれないところでした。

お洋服は大好きなんですが、1枚買うと数千円。ひょっとしたら、1万超えちゃうかも。

だから、慎重に選びたい。

そういえば、持っている服はすべて、お気に入りです。

このお洋服たちがくたびれたら、また新しいお洋服を手に入れよう。

なんとか、無駄買いをしなくて済みそうです。

無駄遣いを押さえるポイント

☑新しい季節の服が欲しくなったら、衣替えをしてクローゼットをふかんしてみよう。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加