レシートもらう?もらわない?

Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

買い物に行くと必ずもらうレシート、その場で断る方もいます。

レシートを捨てるためのBOXも備えてあるところもありますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

レシートもらう?もらわない

私は、レシートは必ずもらいます。それは、家計簿をつけるのに必要だからです。

でも、家計簿をアプリに入力したら、すぐに捨てます。

レシートをお財布の中に入れていれたままにすると、財布が膨らみます。

だから、すぐに捨ててしまいます。

「レシートをもらうのが面倒」という声もあります。

私も、家計簿をつけたつもりで、つけていないことがあります。レシートを見て気が付くんです。

なぜ、レシートをもらうことで、家計を管理しやすくなるのか?

それでは、なぜ家計を管理するために、レシートが必要なのでしょうか?

まずは、家計を管理するという事は、①自分の買い物癖を知る②無駄買いの傾向を知る③何にお金を使っているかを知る 事が必要なのです。

レシートには、買い物した項目と、金額が書いてあります。

実は、私の買い物癖の体験を話します。

レシートで分かる買い物癖

私は、290円とか、1990円とかの金額に騙されやすい傾向があります。

290円と300円、1990円と2000円、どちらが安く感じますか?
実際に、前者が安いんです。

しかし、1000円代と2000円代だと2000円代の方がずっと高く感じる。
でも、1990円と2000円の差は10円です。

しかし、人間は最初の数字で安いか高いかを瞬時に判断してしまいます。そのため、お店のカラクリにまんまとはまってしまいます。
安いと思うと、購入の判断基準が鈍ります。
ここで、私の無駄買いの買い物癖が分かったのです。

それから、安いという事で簡単に物を買わなくなりました。

ほんの少しの事で、家計簿を続けられる

そして、もう一つ大切な事は、レシートをもらう。たったこれだけの事なんですが、家計簿を継続するには大切です。

家計簿をつけていて思うのが、途中で分からなくなってしまうと、つけなくなってしまう。
これが、家計簿を継続させられない欠点です。


しかし、家計簿をつけてから、レシートを捨てるということを仕事の中に組み込んでしまえば、家計簿をつけることは、さほど大変でもありません。

節約や、家計を管理しようと思ったら、やはりデーターが必要です。仕事でもそうですよね。
レシートはそのデーターとなるもの。

だから、「レシートはいりますか?」と店員さんに聞かれたら「ハイ。」と元気よく答えましょう。
習慣になれば、家計簿をつけることは、楽勝になるでしょう。

そして、いつの間にか貯まる家計を作っていきましょう。

関連記事です家計簿は簡単に

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログランキングバナー
素敵なブログが沢山あります。
人気ブログランキング
ブログ村ブログランキング
ポチッと押してくれると喜びます。 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする