仕事でプライドをズタズタに… 仕事の悩みを解決

Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。
仕事って、楽しい事もあれば、辛い事も、嫌な事もありますよね。

もし、あなたが仕事でプライドをズタズタにされるほど傷つけられたら…。大丈夫、そんな気持ちになったのはあなただけではありません。
沢山、沢山いるんです。
今日は、そういったときの悩みの解決法を考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

仕事でプライドをズタズタに…もう、仕事辞めたい!

仕事でプライドをズタズタにされるくらい、嫌な気持ちになるって、誰にでもあることです。でも、そういったことが、続いたら…。誰だって転職を考えますよね。

でも、仕事でプライドをズタズタにされることなんて、結構多くの人が経験しています。私もその一人です。そして、私の周りにもいるんです。

上司の言い方がきつい、暴言を吐いたり威嚇する場合

プライドをボロボロにされるという事は、普通の指導ではありません。きっと、あなたの気持ちを考慮せず暴言を吐いたりするんでしょう。

あなたが、プライドをズタズタにされたと感じるなら、相手の悪意を感じるのかもしれません。

こういうタイプは2種類います。

①「誰にでも、きつく当たる場合」②「陰湿に特定の人にあたる場合」です。

①の誰にでもきつく当たる場合は、分かりやすいので、周りに味方が結構出来ます。それでも、みんなの見ている前で怒ったり、怒鳴ったりされると傷つきますよね。
これは、パワハラに当たります。大声で怒鳴ったりされると、もう何の事で怒られているかも頭に入ってきません。
こういうタイプは、カッとなり、周りが手を付けられない事が多いです。そう言った場合は、上司のさらに上、人事課とか経営陣に相談する事が大切です。

しかし、「上司の事を告げ口したら会社に居づらくなる」という気持ちが働いて、なかなかできません。

こういう時は、その人に近づかないという事が大切です。

あえて、近寄らず適当な距離を置くと相手も頭が冷えると思います。そして、こういうタイプは、結構、おだてに弱く、寂しがりやだったりします。

つまり、怒って、相手を怯えさせ、相手をコントロールしようとするのです。相手が自分の言いなりにならない。と感じた時に、自分の価値観が脅かされます。
そう、ちっちゃい人間なんです。

心の中で「ちぃちゃっ」と思いましょう。そして、上司を反面教師として、あなたがそうならないように教えてくれるだと思いましょう。

こういうタイプは、相手があなたという人間に関わらず、怒鳴るのです。気にしてはいけません。

上司が、陰でいじめをする。言い方はソフトでも言う事が暴言。陰湿に特定の人に当たる場合

こういうタイプが実に陰湿です。上司に媚びを売るのが得意です。裏表が激しく、おそらく自分でも意識できていると思います。

そして、このタイプは出世願望が人一倍強いです。何でそんなに!というほど出世にこだわっています。

それは、「出世すると皆が自分のいいなりになるから」と心のどこかで思っているからです。

つまりは、出世することに自分の生きがいを持っているので、可哀そうな人です。

そして、相手をマウンティングしないと自分に自信が持てないタイプです。

自分に無条件の愛情を受けて育つと、こういうタイプにはなりにくいのですが、得てして、無条件の愛情を受けられなかったり、自分の心の奥底に強烈なコンプレックスがあったりするとこういうタイプになります。

つまり、コンプレックスやストレスが半端なく、上手くストレスを消化しきれていない。そして、いじめというストレス発散をしているわけです。

こういう、出世命!みたいなタイプは結構、姑息な手を使います。自分より上に立ちそうな部下はとりあえずつぶしにかかります。

・大事な書類を一人だけ渡さない・陰で強くいびる・あなたが失敗をしたら、2人きりの時に厳しく怒り、人前ではそんな気配を感じさせないようにする。・自分が使えそうと思う人には異様に優しい。・あなたに仕事を回さない などです。

これも、立派なパワハラなのですが、立証するのが難しい。なぜなら、人当たりがいいからです。

そして、仕事もそこそこできるので、いじめにあっている人は「自分がおかしいんではないか?」と自分を責める傾向にあります。まわりの受けもよく、いじめにあっている人は、「周りにも相談できない」という状況を作られます。

こうなると相手の思うつぼです。

じゃあ、どうすればいいのか。という事ですが、「コンプレックスやストレスがあって、苦しんでいるんだな。可哀そうに」と思いっきり上から目線に立つことも大切です。

相手との間には心の中にシャッターをして、いじめにあったら「あの上司も可愛そうに…。家で辛いのかな?ストレスまみれなんだろうな」と思いましょう。

気にする必要はありません。気になるでしょうけど。

そして、この状況を分かってもらえる味方を一人でも作りましょう。こういう陰湿ないじめをするタイプは、出世に響くと困るので、「周りの評判」を死ぬほど気にします。あなたをいじめられていると周りに言われたら困るわけです。まぁ、相手も上手ですから、そう簡単に認めません。

だから、兼ねてから陰湿な暴言などを吐かれたら、「メモを取って証拠を押さえる」「仲の良い人に相談する」という事をしましょう。

ただ、他の上司に相談することは、上司同士がつながっている事もよくある話。十分に考慮しましょう。

ただ、こういうタイプにプライドをズタズタにされるという事は、あなたが秀でている証拠にもなります。どこかで、あなたの能力をうらやんでいるんでしょう。

だから、小さくなる必要はありません。あなたには、上司を怯えさせるほどの実力があるのですから。

指導とパワハラは違う。間違えは認める勇気を

ここで、一つ抑えて欲しいのは、指導とパワハラは違うという事です。もし、あなたが明らかに間違った事や失敗をしてしまって、怒られているなら、まずは素直に謝りましょう。間違いや失敗はどんなに完璧な人にもあるものです。
人間なんだから、間違ったって仕方がない。

ただ、謝っても、執拗に暴言を吐かれたり、ひどい言葉であなたを傷つけるのなら、その相手とは距離を置きましょう。

そういう人は、気にしなくて大丈夫です。栄華は長く続きません。(多分)

とにかく、今、どうしたらいいか分からない時に

今は、苦しくて先が見えないかもしれません。転職の事ばかり考えてしまう。ただ、こういう時の解決方法は?

相手と距離を置く

相手と距離を置いて、しばらく様子を見ましょう。あなたが嫌がらせをされていても、気にしなければ、相手もそう簡単に手を出せません。手を変え品を変え何かしてくるかもしれませんが、凛としていましょう。そして、目の前の仕事には全力を注ぐ。相手のペースに乗らない事が大事です。

時間を置く

時間を置くと、あなた自身の頭も冷えて、相手に対する嫌悪感が消えていることがあります。
あんなに、嫌いだったけど、今はあんまり気にならない状態になるのです。そうなるまで待ちましょう。

要約すると

☑相手のペースに乗らない。気にしない

☑相手と距離を置く

☑時間を置く

☑目の前の仕事に打ち込む

☑ひどい場合は、随時メモを取るなどして、パワハラを立証できる準備を整えておく

☑心の中で相手と間に壁を作る(相手から傷けられないよう自分を守る)

ということになります。

どうしても嫌な時は転職もあり

一通り試してみて、上手くいかない。このままこの上司の下で働けない。そう思ったら転職もありです。
嫌な上司や嫌な同僚と一緒に過ごし、色んな経験をしたあなたは、一回りも二回りも大きくなっているでしょう。
そうすれば、転職してもいい結果が待っていることが多いです。

何も、自分を追い詰めてまで今の職場にしがみつかなくてもいいのです。

転職を繰り返し成功していった人は沢山います。シンママ友達~夢を語り合える友人は大切~にも書きましたが、私の周りにも、人間関係で仕事を辞める人が多く、しかし、その後転職して幸せになっている人も多いのです。

だからといって、おいそれと転職は出来ないし、ましては会社を辞めるなんて一大決心です。勇気がいります。会社を辞めるなんて、なんだか負けたみたいで悔しい。失敗したと認めたくない。そんな気持ちとの葛藤が出てきます。

しかし、そんなことはありません。

離婚経験から思う事~失敗が怖いと感じたら~にも書きましたが、過去の偉大な成功者は皆、とんでもない失敗や挫折を通ってきています。挫折があるから、成功するのです。

いかがでしたか?人生に悩みはつきもの。そういう時こそ、実はチャンスです。一人で悩まず、色んな見方をしてみてください。

大切なのは自分を責めない事。あなたの人生は、あなたのものです。

ウメでした。

こちらおすすめ。

仕事を辞めたいと思ったら読んで。~頑張っているあなたは偉い~

仕事に行きたくない月曜日に

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログランキングバナー
素敵なブログが沢山あります。
人気ブログランキング
ブログ村ブログランキング

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。