いい子ちゃんを手放してみたら・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

人間関係、仕事、お金、私たちは一人では生きていけません。

その為、他者と理解し合い、協力する。時には折れて協調する。この協調する能力って必要です。

ですが、私、最近いい子ちゃんを辞めました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

いい子ちゃんを手放してみる

StockSnap / Pixabay

40代にもなって、いい子ちゃんも何もないんですが、まぁ、例えです。

私が、いい子ちゃんをやめたのは、とある日の出来事です。

私の叔母に、おせっかいおばさんがおりまして、まぁ、小さい頃から可愛がってもらっている反面、こき使うし、すぐに感情を爆発させるし、けっこう厄介なおばさんです。

ですが、年に数回遊びに来るので、夕食を作ったり、世話を焼いていました。

でも、子育てに対して、口出しをする事が多いのです。

子供はもっとたくましく育てろ!みたいな。

しかし、私は、ウメ子と毎日せっしf

口出ししたいのか、関わりたいのかそこらへんに本音があると思うのですが、以前の私だったら、まぁまぁ・・・。といった感じで聞き流していました。

相手の意見を受け入れた振りをするのです。

ですが、子育てに関しては、譲れない物がある私。あまりにも違うと思うことがあり、きちんと言い返したのです。

もちろん、言い返しても反論されるのですが、自分の意見をきっぱりという事が出来て、嬉しかったのです。

そっか。私、いい子ちゃんを手ばなしたかったのかも。

ふとそう思いました。

たまに来る親せき、職場の同僚や上司。なんとなく、丸く収めたくていつも、我慢していた部分がありました。協調性といえばそれまでです。ですが、自分の意見を発信することが大事だと思うのです。

意見が言えなかった理由

SaeLoveart / Pixabay

意見を今まで言えなかったのは、「自分がまちがっているかも」といった気持ち。「ここは流しておけば丸く収まる」といった気持です。

年を重ねれば重ねる程、自分の意見をストレートに伝えにくくなります。若い時は、若さでぶつかる方法もありますが、私はそういうタイプではありません。

年を重ねると、相手の事を思い・・・。

いや

違う。

ただ、丸く収めたいとか、もめたくないといった感情が大きく働くのです。

だから、私の中のいい子ちゃん、だったわけです。

いい子ちゃんの主婦たち、時には怒ろう!感情を出そう!

Pexels / Pixabay

自分が感情をむき出して反論するなんて、年を取るとなかなかしません。いや、出来ません。

しかし、時々はやってみていいと思うのです。

もちろん、相手は選んだ方がいいのですが。

いつも、どこかで我慢していたり、頑張りすぎてしまって、自分の感情を押し殺すのは疲れます。

違うと思った時は、丸く収めるのを考えるのも大事ですが

時には感情を出して怒ってみることも必要です。

感情のコントロールって、爆発すると、後は落ち着きます。

そして、自分の気持ちを伝えられるという事は、相手を傷つけるわけではなく、自分を大切にする気持ちなのかもしれません。

ミニマリストも、主婦も人間だもの。怒ったってきっと大丈夫です。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加