ミニマリストの洋服は少ないの?ミニマリストの衣装ケースを公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

今、年末の大掃除に向けて、クローゼットの中を掃除しています。

先日、掃除が苦手を克服 掃除と運気の関係を知れば掃除せずにはいられない にも書いたように、運気アップすべく、大掃除中で大忙しのウメです。

1か月程前に、衣替えも無事に終わりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ミニマリストの衣装は少ないの?どのくらいなの?

毎年、衣替えや、季節の変わり目に、消耗した服を捨て、新しく買い換えます。

その度に、着ない服は無印の収納ケースにしまいます。

Amazonで探す

楽天市場で探す

こちら、私の収納分

ガラガラやーん。

ガラガラですねー。ガラガラですよー。
いやぁ、収納ケースいる?いる?って話です。

冬は、セーターとがあるのでちょっとかさばりますが、大体この1ケースで事足ります。

子供の分はこれ

ガラガラですよー。ガラガラですねー。

私のに比べるとやっぱり多いですが…。

それよりも、ウメさん、もうちょっときれいにたためないの?って感じですよね。
すいません。個性的なんです!って、ただのおおざっぱなんですが。

写真にすると、きれいじゃないですが、わざわざ、たたみ直そうとも思っていないウメです。

衣替えの服が少ない理由

家には、ウオークインクローゼットがありますが、夏物は全て収納ケースに入れています。
何で、こんなに少ないのか?

それは

ミニマムに暮らすと、必要のない衣類が減っていく。

からです。

昔は、この、収納ケースじゃ足りないくらい衣類がありました。おかげさまで、家には、空の収納ケースが増えました。

捨てようかなー。と悩みどころですが、まだ家に置いてあります。今では、別の物が収納ケースに入っています。

私も、年々減っていく服の数に、どこまで少なくなるの?と自分で突っ込みたくなります。

後、もう一つは、

年中着れる服が多い。

という事です。

つまり、真夏や真冬以外、ほぼオールシーズン活躍している服があるという事ですね。

衣替えに関係なく、年中着ているので、消耗しますが、色々着こなせて便利です。

近いうちに、ウメの秋冬スタメン服をブログにアップしますね。(…多分)

どうやって衣類を減らしていったのか?

まず一つは、ミニマリストに目覚める。これにつきます。ミニマリストに目覚めていったと同時に、この本に出会います。

トランク一つのモノで過ごす エリサ

スマートサイジング タミー・ストローベル

私は、服は10着以上持たないとかそういう事を言いたいのではありません。

でも、服が少ないと、身軽で気軽。おまけに、コーディネートしやすい。管理がしやすいというのは本当です。

服を減らしたいのに手放せない。のはなぜか?

私の周りにも、「服を捨てたいけど、手放せない。」という方は、割と多いです。

話を聞くと「いつか使うかもしれないから。」「また流行るかもしれないから。」「痩せたら着るから。」といった理由です。

でも、何年も着ていない服って、これからも着ないです。

それは、分かっている、分かっているけど、捨てられない。ですよね。

私も、以前は服を沢山持っていたので分かります。

高いお金を出して買った服、気に入っていたけど着れなくなった服、なんとなくに合わなくなった服。

どれもこれも、思い入れがあるし、手放すのは惜しい。

…しかし、なんとなくしっくりこなくなった時って、手放し時だと思いませんか?

服が手放せない時、私がする方法があります。

服が手放せない症候群に~服の手放し方~

手放せない理由は、「また着るかも」「これを手放したら、もうこんな高い服買えないかも」という心理です。

さて、服を手放せない症候群のあなたに、私が、服を手放すときに良くする方法をお伝えしたいと思います。

服の手放し方①

まず、「なんとなくしっくりこない、似合わない服」を着て、街に出かけてみて下さい。私、これよくやります。
なんとなく、しっくりこないのは、自分に似合わない服です。丈が、今の流行にしたらちょっと短かったり、いざ、着てみると、着れるけどぴったりしすぎてみっともなかったりします。

そして、人前に出ると思うのです。「この服を着て、人前に出たら恥ずかしい。」

年齢に合わない短すぎるスカートや、可愛いけど、自分が着ると可愛すぎてしまう服、きれいめな服だけど、タイトすぎてボディラインが気になる服。

こういった理由があって、心の奥では「なんとなくしっくりこない、似合わない」というサインを脳が送ってくれていたのです。

そして、「人前に着ていかない服。もしくは、人前に出ると恥ずかしくなる服」はタンスの肥やしにするより、売るか捨てるかしてしまいましょう。

服の手放し方②

これは、化粧品の時にもよくする方法ですが、「どこか目につかない場所に一定期間置いておく」という事です。

ミニマリストの化粧品全公開にも化粧品の減らし方について書いていますが、いつも目に付くクローゼットではなく、衣装ケースや箱の中にしまいましょう。

そして、数か月たって、「あれ?こんなのあったっけ?」と思う服は、いらない服、必要のない服です。

思い切って、手放せると思います。
なぜなら、「なくても困らない」服だからです!

おそらく、着回しがきかなかったり、柄がインパクトがありすぎるとか、可もなく不可もなくといった服でしょう。

数か月しまって必要なければ、手放せますもんね。数か月出番がなければ、これからも、着る事はないでしょう。

じゃあ、なぜ、服が少ない方がいいのか?

服を減らそうとか、ミニマムに暮らすとかいった風潮ですが、今、なぜ服が少ない方がいいのか?という事に関して、私なりの意見を述べたいと思います。

今は、戦後などに比べて、随分と物があふれています。欲しいものは、24時間、ネットで購入することが出来て、カードも使える。

お金を使うという感覚も、ハードルが下がっています。

年配の方が言う、「もったいない」という言葉。あれは、まさに物が全然ない時代を経験されたから、出る言葉だと思います。

今は、物が溢れすぎていて、実際に、沢山持っているのにも関わらず、「まだ買いたい、まだ欲しい。」という欲求だけが増えている気がしてならないのです。

それは、TVのコマーシャルやファッション雑誌によるものも大きいのだと思いますが。

ファッション雑誌信者だった時は、本当に物欲の塊でした。

でも、よく考えてみると、「着ない服」が沢山あるのに、新しいものを買う方が「もったいない」のではないでしょうか?

本当の「もったいない」という意味は、「捨てない」という意味ではないと思います。

むしろ、「あるのに、どんどん消費する」ことこそが、「もったいない」のです。

ウメ、真面目に考えてみる。なぜ、物が多いともっと買いたくなり、物が少ないと、買いたい欲求が少なくなるのか?

うーん。なぜ、物が多いと、もっと買いたくなり、物が少ないと買いたい欲求が減るのか?真面目に考えてみました。

では、ここで、「なぜ、服が多いといけないのか?」という疑問にたどり着きますよね。

そう、そうなんです。服が多い事は悪い事ではありません。ただ、服が多いと、もっと欲しいと思う気持ちが強くなり、逆に、服が少ないと、もっと欲しいという気持ちが抑えられる事なのです。

なんでそういう気持ちになるのかが、上手く伝えられないのですが、買い物ってしだすと、「もっと買いたい、また買いたい。」と思ってしまいます。

新しいトップスを買うと、それに似合うボトムスも気になる。その服に合うバッグも欲しくなる。

そういうものです。

でも、物が少ないと、今持っている服にある、ズボンを1着だけ買おうとか、買い物に対するハードルが高くなります。

なぜなら、①捨てるのに苦労したから②しょっちゅう買わないから、しっかり吟味するようになった。③せっかくクローゼットがきれいになったのに、また物を増やしたくないから④なんとなく買いたくなくなったから。というような気持になるからです。

ここ数年、よく思います。

「なんとなく、買いたいと思わなくなった。」

「はぁー?ここまで引っ張って、結果、なんとなくかい!」

いやぁー。なんとなく買う気がしなくなるんだけど、上記の①捨てるのに苦労したから②しょっちゅう買わないから、しっかり吟味するようになった。③せっかくクローゼットがきれいになったのに、また物を増やしたくないから。

という事を脳や感情が集約しているんだ!きっと!

    そうに違いない!そう思う。イヤ、多分…。

年末にむけて、部屋をすっきりさせたい!服を減らしたいと思う人は服、減らしてみて

とっ、とにかく、年末ですし、大掃除ですし、部屋をスッキリさせたい、服を減らしたい、物欲を減らしたいというおなたは、是非、服を減らしてみて下さい。

クローゼットがすっきりすると、気持ちいいですよ。

そして、服を減らして、半年くらい経ったら、ウメの言う「何となく、買いたくない」という気持ちが分かっていただけると思います!

一緒に、服を減らして断捨離しましょう。

ちなみに、服を捨てずに売りたい方は、こちら、おすすめです。

主に衣類の買い取り、ブランド物も買い取りしているフクウロ

良い所としては、買い取り額に不満があったら、送料無料で送り返してもらえるところ。もしかしたら、売らないかも…と悩む場合はこちらがおすすめです。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加