【悪口で悩んでいる君へ】いじわる女子の顛末を教えましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

最近は職場の人間関係も良くなってあんまりストレスもないんです。

あんなにストレスまみれだったのに不思議です。

ストレスがなくなってきたのもミニマムに暮らして掃除をしているお陰だと思います。

そんな修行中の私ですが、最近相談を受けました。その方が、私なりの解決法で気持ちが軽くなったようなので、同じ悩みを持つ方のお役に1ミリでもたつならと思いました。そこで、私なりのお悩み解決法を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

【悪口で悩んでいる君へ】他人に振り回されないで大丈夫だよ

そう、今回の相談内容を言うと

Aちゃんに悪口を言われている気がする。「Bさんがさぁ・・・」と言っている声が聞こえた。どうしよう。強く指導しすぎたんだろうか?私が悪いんでしょうか?

といった内容です。よくよく話を聞いてみると、このAちゃんはリーダータイプではあるのですが、かなりプライドが高い女子。そして、いろんな人の悪口を言っている。悪口を言うことでストレス発散をしているようですし、よくいるタイプです。

この手の悩みって昔からありますよね。時代が変わっても変わらないのが人間関係のストレスってやつ。

ほんと、女子ってめんどうだな!

と思わずにいられません。自分も女だしね。

それでは、結論から申し上げますと

悪口を気にしなくてもOK。他に仲の良い友達をたくさん作って!

という結論です。

中年になると、一人でも平気だしいやむしろ、人と群れるのすら面倒になります。

しかし、多感な10代、そして20代30代は友達って大事ですよね。

でも、そういう時はあっという間。今は苦しいかもしれませんが、大人になったら人間関係なんて、いかようにも変えられます。

例えば学生時代だったら、学校に行かなければいけませんからなかなか人間関係をばっさり切れないかもしれません。でも、数年たてば社会人、社会人になって嫌な人間関係に疲れたら仕事を転職しちゃえばいい。友達だって疎遠にできます。

そう、社会人は友達を選べるんです。

そうはいっても、転職だってすぐすぐできないし、人間関係で悩みたくないですよね。そりゃそうだ。だったら、すべきことは一つ。

気にしない事。そして、相手にしないという2つです。

悪口を言う、いじわるな女子の顛末

Gromovataya / Pixab

悪口を言う人は、そうとうストレスがたまっていたり、自分に自信がなかったりします。家庭で上手くいっていないのかもしれないし、悪口を言うことで同じ悪口仲間意識を持とうとしているのかもしれません。私の時代でいうと、つるむっていうやつです。

悪口を言い合う仲間同士つるんでも一人一人の力って弱い。

職場でもいますよ。そういう女子が。

ですが、そういう女子の顛末はお決まりです。

私の知っている事例で行くと、

悪口を言わない、態度をあらためなければならないようになる

もしくは

おとなしくなる

もしくは

周りからいじわるな人という目で見られる

そして

いつしか悪口仲間以外からは話しかけてもらえない

という顛末です。

お決まりですよ。

そうなるまでに数年かかる場合もありました。

ですが、大体同じですね。

私が知っているいじわる女子は、今や悪口仲間以外、だれからも相手にされていません。ですが、今は分かりやすいいじめもしていませんし、かなり大人しくなったと思います。

いじわるや悪口を言うと自分が優位になっているような気がするんです。しかし、そういう生活を長く続けていくと、社会人として最悪な結果が待っています。

社会人になっても悪口やいじめを繰り返すと、場合によっては解雇されたり部署移動になったりします。まして、転職しても同じことを繰り返すので、結果、自分が仕事をしにくい環境に自らをおとしめてしまいます。

意地悪だった彼女は、一人をひそかにいじめている間は、あまり周りから知られていませんでした。それが、一人、また一人とターゲットが増えていくことで被害者が増え、いつしか彼女の立場が逆転しました。

男性には受けが良かったようですが、男性からの受けも随分変わったようです。

まとめ

悪口を言われると、優しい人は随分と自分自身を責める傾向にあるようです。ですが、悪口を言われているのはあなただけではありません。

あなたが知らないだけで、他の誰かもその悪口女子の餌食になっているかもしれないのです。

そんな悪口女子のためにうつになったり、人生狂わせないで下さい。

悪いことをしたら必ず自分に返ってきます。そして、あなたが輝く日もきっときます。精一杯の愛を込めて。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加