傷つき、時に悩むママ達へ

Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

仕事や子育てをしていると、心がざわざわすることがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

周りの言葉に振り回されないために

自分の思い込みの事もありますが、子育てをしながら、特にシングルマザーになってから、仕事と子育て、家事の両立に悩むこともあります。

私は、家族との時間を一番に大切にしたい。

その思いはずっと変わりません。でも、そのために、何かを犠牲にすることもあります。
それは、仕事での残業だったり、出世だったり、キャリアアップだったりします。

何かを手放すと、新しい幸せがやってくる

私は、仕事が好きだな~と感じることもありますが、これ以上の業務を抱える気持ちはありません。
子育てがひと段落したら、またバリバリ働くこともあるかもしれませんが。

今は、子育てに一番の重点を置いています。
そうすると、仕事で、成果を出したいと思ってもキャリアを積みたいと思っても、時間的、物理的に難しい事だってあります。

その度に、悩んだり、バリバリ働く人をみて、ちょっとうらやましく思ったりします。

それは、自分にももっとできるのにという思いがあるからです。

隣の芝生は青く‥?


ずっと独身でバリバリ働いている同僚と話した時、彼は「仕事ばかりで人生楽しくない。もっと趣味とか自分の生活を豊かにしたい。」と言っていました。

確かにその通りです。

仕事に没頭すると、自分の事がおろそかになる。

もし、私が彼のような仕事の仕方をしたら、子育てや家事に大きな影響を与えてしまうでしょう。

人生はバランスなんだと感じます。

仕事で期待に応えようとしない

私は、役職という立場をしているため、周りからの期待に応えないと、と思うときがあります。しかし、私にできることはやはり限られている。

周りの人は、こうして欲しい、ああして欲しい。と要望を言う事があります。しかし、それを全て抱えてしまえば私はパンクしてしまうでしょう。

私が、出来ない事は、それが出来る人に譲る。そして、自分が出来ることはベストを尽くす。

毎日、その積み重ねです。

共働きが当たり前、ワーママが多い時代に

雑誌でも、ワーママなどと働きながら子育てをする女性がクローズアップされています。

しかし、その裏できっと大変な思いを抱えながら仕事をしている女性たちが多いと思います。

子育てをする事を選んだ私達母親ですが、人生は長い。そして、その中で、自分自身の仕事と子育てのはざまに揺れながら、これからも生きていくのでしょう。

今は、保育園の待機児童の問題なども取り上げられています。しかし、働いても、色んな支障が出てくる。それが、子育てとの両立です。

私は、仕事でのキャリアや出世を心の中で手放しました。その代わり、ゆとりある子どもとの時間を確保しました。

何かを手放して、新しい幸せを得る。

全てを手に入れたいと思う事があると思いますが、結局全てを手に入れても、幸せとは限らない。

忙しくて心のバランスが崩れる前に、自分自身は何を大切にしたいのか?何を守りたいのかをいつも心に秘めておく必要があります。

そうすれば、自分がどこに向かっているのか、間違った方向に行っていないかを確認することが出来るのです。

母親は賞賛されない、でも仕事より価値のある仕事

母親は、どんなに働いても、頑張っても評価されることはありません。もちろん、お給料だって出ない。

母親となり、仕事との両立で悩んだり、孤独を感じるママさんが多いようです。

また、仕事で、疲れてくたくたになれば子供にかける時間が無くなる。

そして、イライラして子供にあたってしまうという話も聞くのです。

子育ては、誰に評価もされず、これでいいかと悩むこともあるでしょう。

でも、価値のある事をしているのです。

子育てと仕事に悩む全てのママに

子育てについての不安や悩みを聞くことがあります。

真面目な頑張り屋のママこそ、色んな事に自分を責めてしまいます。
でも、そのままでいいのです。

だって、自分の事を一番には考えられなくなり、常に子供の事を考えて生活します。

子供が病気になれば、自分そっちのけで看病する。

だれに、評価されなくても、称賛されなくても母親という仕事は素晴らしい。

100点のママでなくていい。

わたしがあなたを選びました 鮫島浩二著
この本は、私が大好きな本です。
子育てに悩むママさんに読んで欲しい。
私の好きな一節を紹介させてください。

おかあさん、あなたの期待の大きさに、ちょっぴり不安を感じます。
初めての日に、私はどのようにむかえられるのでしょうか?
私の顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
私の体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
私の性格にあなたはため息をつくでしょうか?
中略
おとうさん、おかあさん、今、私は思っています。私の選びは正しかった、と。
わたしがあなたたちを選びました。

わたしがあなたを選びました 鮫島浩二著 より引用

子供は、もしかしたら、私達親を選んで生まれてきているのかもしれません。
そう思うと、親はとても素晴らしい事をしているのだと思います。

そして、いつかは子供が巣立っていき、そして、育ててもらったことを忘れたかのように親元を離れていく。

寂しいですが、それまでは、大切に子供を育てていきたいと思っています。

関連記事です。
ワーキングマザー子育てと仕事悩みの解決法
荷物背負い過ぎていませんか?
仕事とお金と子育てと

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログランキングバナー
素敵なブログが沢山あります。
人気ブログランキング
ブログ村ブログランキング

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。