ランドセルは進化する!後悔しないランドセルを選ぶコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

子供が無事小学校を卒業しました。

そして、思い出深いランドセル。

卒業してから、制服、体育服、教科書など、寄付できるものは寄付しました。そして、あとはサクサクと手放したのですが。

ランドセルは思い出深くなかなか手放せずにとっておいてあります。

6年間、しっかりと子供の背中に背負われ一緒に過ごしたランドセル。

私が経験したランドセル選びのコツと6年間使っても後悔しないランドセルの選び方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ランドセルは6年間使えるものを!選ぶコツとは?

ランドセル選びは小学校に入学するのに大事な重大イベントです。

ランドセルは値段も高額。簡単に買い替えられるものでもありません。

子供は直感で選ぶことが多いですが、6年間使うものです。慎重に選びたいものです。

そこでおすすめなのは、ランドセルを選ぶうえでいくつか基準を設ける事です。

ランドセル選びのポイント①軽いand体に負担のこないもの

背中のクッションがかなり大事。

ランドセルはそれ自体か昔よりかなり改良されています。

背中にフィットするものや軽くて丈夫な物と種類は豊富です。だいたいのランドセルは軽いですが、軽ければ軽い程良いです。

特に、1年生はランドセルの方が大きいんじゃないか?というくらいランドセルに背負われている感がいなめません。小さい子供たちが大きなランドセルを背負って通学するのを見るのはとってもかわいいのですが、自分の子供が1年生の頃は「ランドセルが大きく見える」「重くて大変そう」と思っていました。

我が家の子供は1年生の頃は小さかったので、ランドセル選びのポイントで軽い物は絶対はずせない条件でした。

小学校に持って行くものはかなり多いです。

教科書・ノートだけではなく、宿題、日記、プリントを入れるファイル、図書館で借りた本など。それ以外に資料集などの補助教材も必要となります。

ランドセル以外に補助バッグとして別のバッグを持たせますが、子供が低学年の間は出来るだけ両手がふさがらないようにランドセルに入れる傾向があります。

そのため、必然的にランドセルはかなり重たくなります。それを背中に背負うわけです。ランドセル自体が軽くないととても6年間背負えません。

そして、背中に重たい物がありすぎるとバランスを崩して後ろに倒れそうになる子供も見る事があります。それほどランドセルは体に負担がかかる事が多いのです。

とにかく体に負担がかかるランドセル、この重たいランドセルを背負って子供は走ったりしますから…。体に負担のないランドセルを選ぶべきです。

今は背中の部分にクッションが入っていて背中にフィットするデザインが多いですが、これはつかれません。背中とランドセルに隙間が空きすぎると疲れます。

軽さ、体にフィットする。これは選ぶ時に必ずチェックです。

ランドセル選びのポイント②飽きのこないデザイン

経験上、ランドセルを見に行くと悩みます。その数の多さ、デザインの多さ。

そして、まだ幼稚園の子供は必ず可愛いデザインのランドセルを欲しがります。

しかし、です。。

6年間使用するものですから、あまりに可愛すぎると高学年になってから「このデザインちょっと」となりがちです。

デザインが可愛いものをついつい選びたくなるのですが、6年間使う事を考慮して飽きの来ないデザインを選びましょう。

我が子は結局、シンプルな水色のランドセルにしました。水色だと6年間使っても飽きがこず、大切に使っていました。

個人的にはキャメル色が好きです。私はキャメル押しだったのですが、やはり子供の好きな色にしてあげると喜びます。

ランドセル選びのポイント③A4サイズがすっぽりと入る大きさ

大事なのが、ランドセルの中です。A4サイズがすっぽり入る大きさがベストです。教科書以外に資料集など割と幅広の教科書も多いのでA4サイズは欲しい所です。

今まで使った印象としては、中の仕切りは1,2か所あればいい。

後はすっぽり楽に教科書が入る事が使いやすいコツです。

ランドセルを6年間大切に使うために

我が家のランドセルは6年使ってもわりときれいです。

ランドセルをきれいに使うためにはコツがあります。

それはランドセルカバーです。今はランドセルカバーが種類が多くてとてもかわいい物も多いです。

カバーを付ける事で雨や傷からランドセルを守ってくれるのです。

我が家も6年間でカバーを3回ほど新調しました。カバーも数年使うと傷だらけになってしまいます。しかし、ランドセルはきれいな状態です。

ランドセルカバーは1000円ちょっと出せばすぐに購入できるので数万円するランドセルがボロボロになるよりお得です。

しかし、おかげでランドセルをきれいに使うことが出来ました。

新しく購入したらランドセルカバーは合わせて購入する事をおすすめします。

created by Rinker
Mamoruchan(マモルチャン)
¥1,404 (2019/08/25 14:46:58時点 Amazon調べ-詳細)

ランドセルおすすめブランド

さて、ここでおすすめのランドセルを紹介します。ランドセルはとにかく種類が多いので価格、軽さ、デザインをよく見て選んでください。

イトーヨーカドー




イトーヨーカードは大手だけあって、ランドセルの種類が豊富です。また、型落ちしたランドセルを安く買えるのもメリット。

イトーヨーヨーカドー独自のラクラクランドは価格も2万9000円からそろっています。

その他に天使の羽、ふわりぃを取り扱っています。ランドセルカバーの種類もかなりそろっています。

特に天使の羽の機能としては、天使のはね背カンといって肩ベルトにはねを内蔵することにより肩ベルトが起き上がり背中への圧力が分散され、肩や背中にかかる負担を軽減するように開発されています。

肩ベルトは、肩への接着面積部分を広くすることで肩への負担が軽減されます。

背中のクッション形状が背負った時に最も軽く感じられる垂直状態にランドセルをキープします。
背あて部分は、低反発と高反発素材の2層構造にすることで、背中とランドセルが広く接地して重さを分散。背負いやすさをサポートします。

重さは約1190gと軽い作りです。

かなり機能性の高いランドセルです。

6年間保障あり。

価格 お手頃~普通

公式サイトのランドセルページはこちら  イトーヨーカドーランドセル

東急百貨店ネットショッピング

こちらも種類が豊富なランドセルがあります。おすすめは、クラリーノエフフィットちゃんです。

引用:東急百貨店

クラリーノエフフィットちゃんは東急百貨店オリジナルランドセルの一つ

引用:東急百貨店

肩へのくいこみや負担をやわらげるクッション構造。背中にフィットするエアーフレッシュ素材を使っている形状なのも嬉しいです。A4サイズが入る作りです。

重さは約1150gと軽いランドセル。

ダブルクッション肩ベルトは小学生の平均体位をもとに立体裁断。肩へのくい込みや負担をやわらげる、ダブルクッション加工です。

肩ベルトが自然に起き上がり、さらに付け根部分も左右に広がる、最新のフィットアップ機能です。

6年間保証あり。

価格 普通~高め

公式サイトのランドセルページはこちら   東急百貨店ランドセル

フェフェオンラインショップ

ミントXラベンダー                引用:フィフェ

デザインがおしゃれなのがフェフェオンラインショップ

大人心もくずぐられるデザインで特に女の子のランドセルが可愛い。

重さは約1200gとこちらも軽いランドセル。

フェフェのランドセルは、60年以上にわたりランドセルの製造を続ける国内の専門工場にて、1点1点大切に製造されています。まさに職人さんの手作業がひかるランドセルです。

機能としては、ウイング背カンというものがあり、成長に合わせて上部金具がスライドするのでベルト付け根が立ち上がり、背負った時に体に密着します。さらに、強度と耐久性に優れたエコボーンを内蔵しているので安心して背負えます。

DETAIL画像

引用:フィフェ

ランドセルを開けた時の中の柄も素敵。ランドセルを開けるたびにテンションが上がる花柄のデザインです。

         引用:フィフェ

早期購入なら特典あり、名前入れ無料、専用ボックス、レインカバーがつきます。

おしゃれにこだわりのある方はこちらがおすすめです。

価格 普通~高め

公式サイトのランドセルページはこちら   フェフェランドセル

まとめ

ランドセル選びは一大イベントです。

一度買うと買い替えはききません。よほどの事が無い限り6年間使います。

簡単には壊れないし、汚れませんがそれでも6年間使う事を意識して買うといいでしょう。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加