ミニマリストの10着 夏のワードローブ。少ない服で制服化を楽しもう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

じめじめとした梅雨が明けてくれば、夏本番です。

さて、今年も少ない服で着回しています。

私はこの10着の服で7月を過ごしてきました。

去年と変わり映えしない服もあり、新しく買い足したアイテムもあり。

ミニマリストの夏服を一挙公開します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ミニマリストの真夏のワードローブ。たった10着でコーデを楽しもう

とりあえず真夏にかけて着る10着のワードローブを全部出してみます。

こんな感じ。

色は、ネイビーからブルー、それと時折ブラック、ベージュ、ホワイトといった色味です。

最近の傾向として、マキシワンピースを買うようになりました。

ワンピースはすごく楽。そしてコーデ要らず。

ほんと40代の隠したい部分を隠してくれる素晴らしい服達です。

それでは、トップスとボトムスを見ていきましょう。

トップス

トップスのワードローブと購入ブランドはこちら

フレンチスリーブタックプルオーバー URBAN RESEARCH DOORS/ドアーズ

ネイビーのカットソー Re:EDIT(リエディ)

ベージュのカーディガンニット ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】

ベージュのシャツ ur’s(ユアーズ)

ホワイトのシャツ URBAN RESEARCH DOORS/ドアーズ

ブログを読んで下さっている読者様にはお分かりかもしれません。あまり去年と大きく変わっていません。

昨年の【公開】ミニマリストの夏服。10着のワードローブとコーディネートと内容要はあまり変わっていませんが、消耗した服を手放して1枚トップスが追加されています。

白シャツは【全公開】10着で着回す秋のワードローブ 夏から秋へシフトするコーディネート

の時に購入したものです。さらっとしているので中にタンクトップを着て夏も過ごせます。シャツは長く着れるので大好き。

■トップスカラーのポイント■

ボトムスは汚れやすいのでどうしてもネイビーやブルー系といった汚れが目立たない色になります。

その為、トップスは明るめのホワイトやベージュを着る事が多いです。

どちらも色が派手過ぎずネイビーやブラックとも合わせやすいためとても使えます。

また、色味が似てくるのですが、その方が着回しもしやすくコーデを考えるてまもありません。

■トップスの捨て時・買い時■

夏はトップスが少ないと毎日洗い替えです。しかし、1年から2年は同じ服を着ています。

首元がよれよれになったり、袖が伸びて着たり、白シャツが黄ばみが強くなってきたら買い替えています。

逆に買う特は着ている服手放した時です。

1枚捨てると1枚買うというクローゼットにしています。

ボトムス

ボトムスのワードローブと購入ブランドはこちら

左上から

コットンボイルのワンピース URBAN RESEARCH DOORS/ドアーズ

ブルーデニム  UNIQLO

ハイウエストのワイドパンツ  ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】

アンクル丈のテーパードイージーパンツ URBAN RESEARCH DOORS/ドアーズ

リネン素材のマキシワンピース URBAN RESEARCH DOORS/ドアーズ

今回は2枚のワンピースを追加。去年から欲しかったリネン素材のワンピースとコットン素材のワンピースです。

どちらも着心地がいいんです。

【SALE/40%OFF】DOORS コットンボイルノースリーブギャザーワンピース アーバンリサーチドアーズ ワンピース【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

楽天で購入

コットンボイルはさらさらして暑い夏も涼しく過ごせます。マキシワンピースは大人も着れるワンピースですよね。

最近は似たようなマキシ丈ワンピースを着ている40代や50代の方を多く見かけます。

皆さんのファッションを見て勉強しています。

ウエストがゴムなのにきれいにみせてくれるアンクル丈パンツは去年から愛用中。アンクル丈で足首がなぜか細く見える。

そして、ノーアイロンでキレイなラインを持続してくれます。

今年ももちろん同じものが販売されています。

■ボトムスカラーのポイント■

ボトムスは汚れやすいのでネイビーやブラックといった汚れが目立たない色になります。私は公園に行くとどこにでも座るので、白系はすぐに汚してしまいます。

自分のライフスタイルと顔タイプ診断と骨格タイプ診断とパーソナルカラー診断で自分が輝く服を選ぼうを参考にカラーを選びます。

自分に似合う色やスタイルが分かると服選びの失敗が減りました。

パッと見るとボトムスは同じものが並んでいるように見えますね(汗)

実はカラーは同系色でも、素材がリネン・コットン・化繊などと違う為同じカラーのボトムスでも雰囲気を変えて楽しむことが出来ています。

色は多くの色を使うとトップスと着回しにくいので色合いは同系色でまとめる。素材は色んな物を購入してます。

10着で制服化したコーディネート

去年から引き続き、コーディネートも制服化しています。もはやミニマリストの定番となっていますが、コーディネートが決まっていると朝が楽です。

まずは去年から使っているコーディネート。

去年の秋から定番のコーディネート。白シャツ+アンクルパンツ

靴にヒールが入るときれいめに着こなせます。

パンツはウエストゴムがらくちん。裾が折り返しになっていて、タックが入っているのでカジュアルにくだけすぎない。
40代はカジュアルすぎる服が難しい。

こちらも去年から使っているコーデ。

カットソ―+ワイドパンツ

ポンチ素材のカットソー今年も出ています。
こちらネイビーのカットソーを去年買いました。ポンチ素材でボトムスにも合わせやすい。なおかつお値段がプチプラ。

ユナイテッドアローズグリーンレベルリラクシングのあわせコーディネート。雑誌のコーデ、そのまま。ひねりなし。

雑誌のコーデをそのまま買うというのも、意外に使えます。私のようにファッションに自信のないかたはマネキン買いがいいです。

シャツにネイビーのボトムス。いつもこれ。

ベージュのシャツはテロンとした素材。トップスがコンパクトなのでボトムスはワイドパンツをよく合わせています。

今年もこのシャツの色違いが出ていました。

Vネックとろみノースリーブブラウス/トップス/レディース/シャツ/ブラウス/Vネック/フレンチスリーブ/タック/薄手/シンプル【UR’S ユアーズ】【メール便可/30】

コーヒーのようないろのベージュのカットソーは袖がふんわりといているので、スキニーデニムを合わせてはいています。

トップスがコンパクトならボトムスはワイドパンツ。
トップスがふんわりとしてボリュームがあるものならボトムスはコンパクトなスキニーデニム。

このルールがマイルールです。

シンプルな服が着回しがしやすく私の大好物ですが、ちょっと物足りないと感じる時は、アクセサリーで変化をつけると雰囲気を変える事ができます。

まとめ

超、おしゃれ。といったコーディネートが出来たらいいんですがなかなか素人では上手くいかない事もあります。

それでも、シンプルな服であるからこそ、着回し力があり、自分にあった服を失敗無く買う事が出来ています。

結果お金も無駄にしない。

満足度の高い買い物になっています。

なにより、自分の定番が決まってくると服が10着でもきちんと見せることが出来ます。

カジュアルにも、フォーマルにも着回しがきくコーデを楽しく追及します。

この記事が気に入ったらこちらの記事もよろしくお願いいたします。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加