家事は楽したい!洗濯はまとめて派?こまめ派?どちらが楽かを本気で検証した

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

家事は、まとめてするより、こまめにする方が、楽なのは鉄則。

しかし、洗濯ってどうしていますか?

まとめて2日~3日ごとに洗濯する家と、こまめに洗濯する家。どちらも、それぞれの良さがあるように感じます。

私は、洗濯物をどうしたら、楽に負担なく出来るかをずっと考えていました。

そして、ある結論に達しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

家事は楽したい!検証!洗濯はどうしたら楽に負担なく出来るのか?

Bru-nO / Pixabay

ここで、私、真剣に検証しました。

検証例は

1 2日ごとにまとめて洗濯

2 毎日1回洗濯

1 毎日朝夕2回洗濯

それぞれ、2週間ずつ試してみました。・・・暇でしょ?

条件はほぼ同じ。仕事をして、帰宅する時間もほぼ同じです。仕事の疲労度もだいだい同じ。

では、いってみましょう。

2日ごとにまとめて洗濯

洗濯をしない日があるのは、楽なようですが、洗濯をしない日がある分、洗濯物の量が多い。

そのため、干すのに時間がかかります。だいたい20分位。

洗濯物が多いと、イライラします。たたむのも時間がかかる。

毎日1回洗濯

一番オーソドックスです。私は、朝・夕のどちらかに洗濯機を回しました。これも、楽ですが、干すのに、時間は15分位かかります。

毎日朝夕2回洗濯

毎日、朝・夕と2回洗濯するのは、一番面倒に思えます。しかし、朝食後に洗濯機を回しておく。そして、少ない枚数を干す。これが、ものすごく早く済む。

下手すると洗濯を干すのに、10分もかかりません。洗濯をたたんでしまうのも楽

そして、一番体が疲れませんでした。

ただ、電気代はかかるかも。

こまめにやると仕事がはかどる理由

人間は、どんなに集中力があっても疲れる生き物。いっきに集中してやるより、コツコツと積みかさねていくほうが、負担は少ない。仕事も、家事も同じです。
家計簿だって、数か月分をいっきにやると、やる気がなくなります。しかし、数日おきにちょこちょこすれば、大して苦にはならない。

女性が、家事が得意なのは、ある種の素晴らしい能力だと思います。凝り性で、何時間も料理に時間をかける男性より、ちょこちょことこまめに分けて掃除や洗濯が出来るから、継続するし、コツをつかめる。

よく「家事が嫌い」という人と話しますが、決して嫌いなのではなく、苦手意識が強いのだと感じます。毎日、少しずつ片付けをする習慣があるだけで、苦手意識は無くなります。

片付けも同じ。冷蔵庫の掃除を休日に少しする。

洗面台の引き出しをこまめに掃除する。そんな小さな積み重ねが、私たちの負担を少なくしてくれます。

結論。毎日朝夕2回洗濯が一番楽だ

結果、時間も体も疲れないのは、1日2回洗濯です。

回すのが面倒かもしれませんが、干したり、洗濯物を畳んでしまう時間が一番短い。そして、ストレスが少ない。

これが、一眼楽です。

掃除や料理も、溜め込むと一気にやる気を失います。おまけに、まとめてやったら、疲れるし、家事が嫌いになります。

しかし、こまめに行うと、時間も短いので、体の負担はありません。

洗濯も、同じです。

これからは、1日2回洗濯で楽して、体の負担も軽減していきたいです。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村

ポチッと押してくれると喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ブログランキング

素敵なブログが沢山あります。

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterフォローでブログの更新を受け取れます