服も使い切るまで買わない…やっぱり私はミニマリスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

最近、つくづく自分がミニマリストになったと感じることがありました。

私は、10着前後の服でいつも生活しています。

そして、服も着ない服は1枚もなく、すべて、スタメンメンバーです。

そんな、スタメンメンバーの1枚が履けなくなってしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

これぞ本当の使い切る。ミニマリストの服

休日は、子供と公園にいったり、アクティブに過ごす事が多いのですが、公園に行くと、かならず動きます。

だから、パンツスタイルが多いんです。

結構、外でも、体を使っています。

家の中では、掃除も床拭きとかするので、結構体を動かします。

そんなこんなで、気が付いたら、たった1枚のデニムが破けていました。

このデニム、お気に入りで、GAPで数年前に購入したものです。こんなに破けるまで履いて、恥ずかしいのですが、公開しちゃう。

確かにプチプラなのです。

でも、履きやすくてヘビロテしていました。

いつものように、床掃除していたら、ビリビリと音がしました。

なんか、変だなと思ったら、普通にデニムが破けていました。

こんな破け方ってある?

おしりが破れたよ。お尻からいったよね…。

消耗したのか、太ってるからか?

考えるのはやめました。

これが、家の中で破けたから良かったですが。ひやひやしますね。

というわけで、デニムは捨てる事にしました。

昔の私は、デニムだらけ

jarmoluk / Pixabay

昔の私は、いわゆる数万円するデニムを数本持っていました。

そして、良い感じに色落ちしてくる、デニムはずっと履けると信じていました。

でも、高級デニムも、膝が出るんです。変に、膝下のあたりが薄くなる。おまけに、裾もちょっと傷んで糸が出てきます。

数万円する高級デニムでもです。

いまは、プチプラデニム1本です。

その1本も破けるまで履いて、破けてしまいました。

今は、ボトムスの数が少なくなりましたが、デニムが無くても、他のボトムスで問題なく過ごしています。

そうは言っても、またデニムを買い替えると思います。

それでも、以前のように、デニムを数本持たなくても平気です。

気に入った物をとことん使い倒す。そして、使い切ったら、新しいものを買う。

私は、子育て世代で、しょっちゅう動いています。掃除だって、デニムでするから、そりゃあへたってくるんです。

でも、これが数万円するデニムだと、掃除の時に履けない。気軽に履けないと結局、使えないアイテムになるのです。

それよりは、プチプラで2年程度で買い替えるのがいい。

たまには、高い服も買うけど。

それでも、プチプラの心地よさは、使いやすさにあります。

気軽に着れる。汚れても気にならない。そして、買い替えやすい。

こうやって、デニムが破けても、服をすぐ買わない。また、使い切ってから、買うようにする。

こんな風になった私は、ミニマリストです。

ミニマリストになった暮らしは、思った以上に快適で、心地のいい物です。

物に振り回されないという生活。それは、気に入った物をとことん使い倒す。そして、使い切ったら、新しいものを買う。お金だってよく考えて満足のいくものに値段を払う。

そんなシンプルな暮らしです。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterフォローでブログの更新を受け取れます