2017年衣服費

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

こんな感じのウメですが、以前は衣服費、美容費で1年間に40万円程使っていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2017年8月までに使った衣服費公開

2017年  1月から8月までに使った費用

衣服費 40079円
1ヶ月で割ると 5009円
美容費 26157円
1ヶ月で割ると 3269円
美容室 12240円
1ヶ月で割ると 1530円

なぜ、この項目をあえて公開したかというと、この項目が一番金額が減ったからです。

以前は、年40万かかっていた衣服費・美容費です。

さて、今年は今のところ順調です。

内訳(いい訳ではないですよ。)

☑衣服費(靴などの小物も入る)

衣服費もかかっていません。

最近買う物は、プチプラが多く、洋服の数も少ないので、消耗が激しいです。ですので、全く買わないというわけにはいきません。(言い訳?いいえ!)

関連記事です。私が500万円貯められたわけ①

☑美容費

最近は、肌断食をしているので、基礎化粧品がかかりません。

美容費には、ヘアケア商品も入っています。

基礎化粧品は、洗顔のみ。2か月で3000円位です。シャンプーやトリートメントは美容室ですすめられていて、いいと思ったものを業務用で購入します。

この金額の中に、トリートメントを購入した金額が入っています。実際に、月々にかかる化粧品、美容費はもっと低くなります。

関連記事です。高級シャンプーは1年分で買います

☑美容院

美容院には1年間に2回程度しか行きません。そろそろ、行かないといけないかなー。と思っていますが。

今までは、月1回通っていました。

美容室で言われるがまま、カットと縮毛矯正、トリートメント(だんだん、レベルが上がって高額になるやつ)をしていました。

月に1万円はかるーくいっていました。8000円位だと、「あっ、今月は安くついたな。」と思っていたおバカでした。

いやー、ここが本当に削減できました。

関連記事です。美容室へは年2回です

どうやって、衣服費、美容費を下げたのか?

私の場合は、やはり、貯金をしようとういう意識を強く持ったことがきっかけです。それは、雑誌の他の方の家計簿を見たことから始まります。

そして、自分の家計簿を見直しました。

ただ、見直して、「よし、予算を下げよう」と思っても、今までの習慣もあり、すぐには予算が下がりませんでした。

そこで私がやったこと。

✅小遣いを多くとり、そこに衣服費、化粧品費、美容院費を費用として含めた。(シャンプートリートメントは除く)

✅物を減らしていき、服や使っていないブランドバッグなどを手放して、クローゼットをスッキリさせた。

✅肌断食を始めた。

✅美容室を変えた

✅プチプラファッション本を見て勉強した(笑)

やっぱり最後はメンタル?

こうやってまとめると、最後はやっぱり自分の購買意欲をいかに調整するか。という所に尽きますね。

お店に行って、「あ、可愛い」と思ってすぐに買うのか?それとも、そこで悩んで本当に必要かを吟味できるのか?

化粧品を変えるのも、勇気いりますから。男性には理解できないこの項目。

でも、そこにかけるお金を減らしたからと言って、幸福度が下がることはありません。

私は、むしろ、幸福度が上がりました。

衣服費、美容費は女性としては削りたくない部分。でも、そこを削っていくと、意外に楽しくなるものです。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加