自炊と外食どっちが節約?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

一人暮らしや単身赴任、自炊と外食ではどちらが得だと思いますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

自炊と外食 未来が大きく変わる。

数か月前ですが、会社で同僚とこんな話になりました。

「ウメさん、食費がすごいかかるんですよ。外食ばっかりしているから、月6万円位食費で使っています。」

「それ、かかり過ぎだね。どんな高級な食べ物 食べているの?」

「いやー。普通の定食屋なんですけど。仕事終わって作る気がしなくて」

それを聞いて、私は非常に驚いたのを覚えています。男性スタッフだったため、炊事って難しいのかもしれませんが。

その話の後、自炊しだした30代同僚。クックパットをみて自炊しているのだそうです。

最近、遠い知り合いの方で「お金が貯まらない」といっている70代男性と 話をする機会がありました。

毎日、昼は外食。夜はコンビニのお弁当。

コンビニでジュースを4本、それと煙草を買うんだそうです。

昼食代に1000円かかると言っていました。

夜はそれ以上にかかっていました。「それ位、普通だよ。皆、食べに来ているよ。」とおっしゃっていました。そして、お金が足りない、としきりに言われていました。

70代半ばの男性でしたが、今更、生活スタイルを変えられないようです。

外食は慣れると 当たり前になっていく。

外食って、慣れると 本当に毎日のように行くのが当たり前になるのかもしれません。

同僚の男性スタッフは ここで自炊をする選択を選びました。

しかし、毎日外食する癖がついてしまうと、そこから生活レベルを下げるのは、本当に難しいと思います。

特に年金生活に入ることになると、収入は限られてくるのに、毎日外食、お惣菜、煙草という「消え物」にお金が大きく使われてしまうのです。

ここで、私が言いたいのは外食が悪いという事ではありません。

私も ワーキングマザーですから、毎日の自炊が きつい時もあります。月に1,2度は外食に行く事もあります。

そして、妊娠中のママさんや、ご病気で 体調が悪く食事が作れない方もいらっしゃるでしょう。そういう方に 「外食より自炊」というつもりは毛頭ありません。

ただ、若いうちに 食費にお金を使い過ぎてしまうと、それが普通になってしまうのかもしれません。そして、節約するのが大変になるのでは。と思うのです。

「これが普通」と思っている常識が 他の人にとっては 常識ではない事もたくさんあると思います。

自炊と外食どっちが節約か?

例えば よく聞くのが「一人暮らしだったら お惣菜の方が安くつく」という話。

これは、確かに光熱費、材料費などを考えると 1日単位では安くつくと思います。

しかし、自炊すると、材料が余ります。

それで、また何か作る事ができる。もしくは、沢山作っても 冷凍しておけば、また、違う日に食べることができる。

こう考えると 長い目でみた時、断然、自炊だと思います。

また、自炊をいざしよう!と思っても、急には出来ないもの。

簡単に時短で出来る料理が作れるようになるために、どんな人だって、練習(経験)が必要だと思います。

ならば、早いうちに取り掛かった方が良い。

そしてなにより健康には絶対自炊です。

健康のためにも考えたい。自炊の大切さ

健康なうちには、健康のありがたさって実はあまり分からなかったりします。

しかし、私の周りの若くして大病をした人の共通点に「外食」または「暴飲暴食」「アルコール」「タバコ」があります。

今や、健康と食生活はきってもきれない関係です。

お惣菜や外食は、手間もかかりません。

スーパーに行くと、お惣菜が半額で売られていることだってある。

しかし、お惣菜には防腐剤がたくさん入っていたり、外食は味が濃すぎる傾向にあります。

たまには、そういう食事も悪くはありません。しかし、やはり長い目でみると、自炊がお得だという事に気が付きます。

もし、お金が貯まらないと思っているなら、「普通」だと思っている お金の使い方を見直してみるといいのでは。と思います。

そして、早いうちに ちょっとした手間をかけることを習慣づけることができれば、お金も自然と貯まっていく。

ちなみに、冒頭で話をした 男性スタッフは3カ月たった今でも 自炊しているようです。

節約してお金を貯めたいあなたに 読んでほしい 

年100万円ためる9つのわざ まとめ

後5000円貯金を増やすには?

貯金できない!年収○○以上で貯金なしの現実。

美容費・化粧品をサクッと削減 黒字家計に転身!

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterフォローでブログの更新を受け取れます