ミニマムに暮らすのはお金のために働きたくないから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

ミニマムに暮らしてから少しずつ運気が向上してきたと感じます。

私がミニマムに暮らすのはいくつかの理由があります。その一つが

お金のために働きたくない。という理由があります。

実際はまだまだお金のために働いています。しかし、ミニマムに暮らすようになり、物欲から少しずつ解放されています。

お陰で支出は減り、お金のために必死に会社にしがみつかないで良くなりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ミニマムに暮らすのはお金のために働きたくないから

以前の私は、貯金も毎月ほんの少ししかできませんでした。おまけに貯まったと思えば急な出費に貯金を崩す日々。

毎日真面目に働いていても、支出と収入が同じくらい。

暮らしてはいけましたが、一生懸命働いていてもどうしてお金が貯まらないんだろう?そう思っていました。

シングルマザーだからとか、収入が少ないからと自分を慰める日々を送っていました。

会社にいると、もっと働くことを要求されます。昇進すれば、残業が増えスキルアップを求められる。

これから先転職を考えても、会社に求められる人材になるために日々の勉強やキャリアを積む必要を感じる日々。

必死に勉強したところで、自分より優秀な人材は必ず現れる。

その度に小さな挫折感がありました。

そんな一種の強迫観念や不安が仕事の原動力になっていました。

しかし、子育てをしながらましてシングルマザーとして働くには限界がありました。独身時代のように残業だって出来ないし、スキルアップするのも難しい。

もっと子供と過ごす時間が欲しい。お金のために会社や上司にびくびくしながら働きたくない。

そして、将来のお金の心配をしたくない。

こうした気持ちが大きくなってミニマムな暮らしになっていきました。ミニマムに暮らすということは、欲しいものがあってもすぐに買わない。

必要のあるもので生活する。

要は、働いても働いても、お金が思うように貯まらない事に嫌気がさしたんです。

だから、とにかく物を減らそう、物欲を減らそう。

そういう気持がミニマムな暮らしのきっかけでした。

ミニマムな暮らしは仕事から自由にしてくれた

Lazare / Pixabay

ミニマムに暮らすようになり、あんなに貯金ができなかったのに少しずつ貯金額が上がってきました。

年100万円貯金できるようになったのもミニマムに暮らしだしてからでした。子育てをしていると、子供の成長に伴って支出も増えます。それでも何とか貯金ができているのは、必要のあるものだけで暮らすから。

たまに、衣替えの時期になると「やばい!服ってこれだけなの?」と冷や汗が出ることがありますが、必要になったらその時に着られる服を少しずつ買い足す。

この方法で少ない服で着回ししてます。

やはり服の持ち方が一番変わったかなぁ。

自分自身では洋服が好き、おしゃれが大好きでした。

流行の服はとりあえず買うし、クローゼットは洋服であふれていました。

服にかけるお金も高額となり、年何十万も費やしていました。

今は、ほんと真逆です(笑)ストックもほとんど持たず、少ない数で過ごせます。

そうすると、「多くのものがなくても平気」という状況になり、物を買うことも減っていきました。

もちろん、生活に不自由のないレベルです。

こうして生活することが出来るようになり、服や物のために働かないといけない。という意識が減りました。

そして、私自身、「仕事」というしがらみから自由になってきました。

将来の夢も少しずつ変わり、「お金持ち」になりたかったのですが、「自分の好きなことをして働く」ことや「子供と世界一周旅行をする」というお金より体験を重視した未来に気持ちが切り替わっていきました。

実現するにはまだまだ時間がかかりますが、できるだけコストを抑えながら豊かに暮らす。

そして、こらからもミニマムでゆとりある暮らしを目指そうと思っています。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加