ブックオフで不要な本を手放してお金になりました メリットデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

不要な本ってどうされていますか?

私は、今までメルカリで売ったり、ブックオフに直接持って行ったり。はたまた面倒で捨てていました。

今回も捨て活にいそしんでいました。

本を手放したい。そう思ったときに以外に多くて悩みました。

捨てようとも思ったのですが20冊ほどあって、なんとなく本に申し訳なく思えてきました。

そこで、初めて楽天のブックオフを利用してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

楽天のブックオフを使ってみてメリットデメリット

まず、実際にブックオフの買取をオンラインで行ってみてメリット・デメリットがあるのでお伝えします。

◎メリット
家にいるだけで勝手に本を持って行ってくれる
店員さんと顔を合わせずに買取できる

簡単

お店に行く時間を節約

お金は振り込んでもらえる

◎デメリット

宅配業者さんが時間通りに来ない

宅配業者さんが来るまで家で待機

トラブル時の対応がめんどくさい

ちょっと不安

買取から振込まで時間がかかる

それではそれぞれ見ていきます

ブックオフのオンラインサービスを利用してみた感想

直接ブックオフにダンボールで送ろうかとも思ったのですが、楽天を通してブックオフから本の買取をお願いしました。なんでかといいますと、いちいち住所や氏名の登録をするのが面倒だっただけ。

楽天は会員なので、ブックオフオンライン楽天市場のリンクから買い取りを選択すると、ログイン画面が出てきて、面倒な手続きをしなくて済みました。

それだけでも、時間の節約ですよ。大事です。

そして、箱数やら箱を取りに来てもらう日にちと時間を入力すれば終わり。

かなり簡単でした。

あとは、箱に本を入れるだけ。身分証明書のコピーをダンボールに入れます。

ブックオフのトラブルはこう対処した

ところがですね、便利ーと思っていたら、トラブル発生。

業者さんを指定していて、箱を自宅に取りに来ていただくはずが、数時間待っても取りに来ない。

その間、自宅で待機していなければなりません。

どうしたらいいのか?

そこでブックオフの公式オンラインを見てみると、問い合わせフォームがあり、メールと電話で対応してくれます。

思い切って電話してみました。

すぐに担当者とつながって、「あの・・・宅配業者の方が来られないんですが。」と話をすると、「佐川急便に連絡をしました。すぐに佐川急便よりお電話があります」

とのこと。しかし、ここからまた電話が来ない。

再度電話して「佐川急便よりすぐにお電話をさせます」

とのことでした。

・・・・

結果

電話は来ず、直接配達業者の方がいらっしゃいました。

あれ?

電話は?

・・・・?という感じでしたが、とりあえず、箱を配達してくださったので良かったです。

トラブル時にはすぐに電話をすることでトラブル回避につながります。

きっと、忘れられていたんでしょうね。

直接お店にもっていくとこういうトラブルは確かに防げると思います。

まあ。まれだとは思いますが、宅配業者さんが来ないというトラブルもあります。

査定は?

査定ですが、1200円ほど。ダンボール1箱です。おそらく私の本より子供の本が売れたのではないかな?と思っています。

すっきりした本棚を見て満足。お金も少しだけどもらえて満足です。

ちょっとしたトラブルもありましたが、手放したい本が多いときは、ネットでの買取もあり。

時短になります。

ブックオフの公式オンラインはこちらからジャンプします

【ブックオフ】公式宅配買取サービス

楽天のブックオフはこちらからジャンプします

ブックオフオンライン楽天市場店

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加