ついつい買いたくなる服・バッグ・靴 欲望を押さえてお金を貯めるには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

女性にとって、いつの世もついつい買いたくなるもの。それは、服・バッグ・靴です。

これって、買っても買ってもまた欲しくなる。

いわゆる依存症みたいな、欲望を揺さぶられるものです。

しかし、この欲望に打ち克たねば、貯金は増えず、出費はますばかり。

どうすりゃいいの?って事で、欲望を押さえてお金を貯める方法を考えてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ついつい買いたくなる服・バッグ・靴 欲望を抑えたい!出来れば満足してお金を使わない方法

季節が変わると衣替え。そうすると去年の服が似合わなくなったり、なんとなく流行おくれの服ばかりだったり。そんな時、街を歩いていると素敵な洋服に出会ってしまう。これはもう一目ぼれ!とばかりに新しい服を買う。
こういうことってありますよね。

しかし、洋服の費用ってけっこうかかります。プチプラで買ったとしても、買い過ぎて1万円、2万円使ってしまったり。

でも、欲しいー。

そういう物欲とどうやって戦えばいいのでしょうか。

私が行っている方法は

ズバリ!必要アイテムを紙に書きだす

というこれです。

必要アイテムを紙に書きだす

例えば、トレンチコートがもう古いから今年はトレンチは絶対必要とか、白シャツは買い替えとか。

自分に似合う定番の洋服をまず書き出す事から始めます。

例えば、

トップス5枚ボトムス5枚という感じです。

トップスも着れる服もあれば、消耗して買い替えが必要な物もあると思います。

その消耗したものを買い替えるようにするのです。

そうすると洋服の枚数もキープできますし、クローゼットもすっきりとしたままです。

我が家のクローゼットも相変わらず代わり映えがありません。それでも、好きな洋服に囲まれて満足です。

いつも定番ばかりで飽きないのか?と言われますと、正直飽きることがあります。

そういった時は、定番の服をちょっと流行と取り入れてみたり、パンツ派だったけど、ボトムスにスカートを取り入れてみたりしています。

そうやって新鮮なクローゼットを保っています。

例えば、10着で着回すと当然消耗します。しかし、使い切ってから手放すというのは、服が似合わなくなって手放したり、体型が合わなくて手放すよりずっと気持ちがいいんです。

それに、枚数が少ない方が、1枚の予算を上げることが出来ます。

それが、買い物の満足につながります。

服を買う時には時間をかける

服を買う時にはかなり時間をかけます。しかし、1度買うと満足するので目移りもしにくくなります。

例えば、ボトムスを1枚買い替えるとします。そうすると、手持ちのトップスにどれでも似合うモノが必要になります。

例えば、トップスが柄物が多いならボトムスは柄物は無しです。また、色も手持ちのトップスに合わせます。

すると、買う時点である程度必要ない服が消去されるのです。

だから、買い物で失敗が減る。

ミニマリストになると服もシンプルなものを好むようになります。しかしシンプルな定番服は最強な服です。

何にでも合わせられる服は、朝服を選ぶのに時間をかける必要がありません。

まとめ

いかかでしたか?衝動買いや物欲を抑えるのもちょっとしたコツで大分改善されるものです。

それでも衝動買いしていまう時には、もしかしたらストレスがかかっているのかもしれません。

私も何か無償の買い物がしたいと思う時は、ストレスが溜まっている事が多いのです。

そういう時は、自分の癖を思い出しストレスが溜まっているんだな。と思うようにしています。

自分の買い物の癖を見つければ、衝動買いや物欲を押さえて楽しいライフスタイルが確立できると思います。

そして、ストレスを出来るだけなくして貯金をすることが出来るようになっていきます。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加