10年越えの家でも新築同様に・・・光るところは光らせるコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

早いもので我が家もマンションを購入して住みだしてから10年近く経ちました。

早いな~と思いながらも、新築の時は本当に家じゅうどこもかしこもピカピカでした。

やはり10年住むと色々汚れたり、傷んだりしています。

それでも、新築の美しさを保つためにある事をしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

10年越えの家でも新築同様に・・・光るところは光らせるコツ

よく風水やお掃除の本で書かれているのが 神様は光るところがお好きらしい。という事。

つまり、水道の蛇口、洗面台の蛇口、ドアの部分。

ステンレスで出来ている場所。家を購入した時は、鏡のようにピカピカしています。

しかし、このステンレス部分はこまめに掃除をしないと、水垢で汚れてしまいますよね。

私が、掃除で心がけているのは、この部分はピカピカ光り輝かせておく事。

ステンレス部分をピカピカに

ステンレス部分や、家具の光る部分。こういった所は、アルコールで拭き取るとかなりきれいになります。

これを気づいた時に拭き上げるだけ。

それだけで、新築同様の輝きになります。


アルコールの良い所は、蒸発しやすいため、水垢の様に跡が残りません。本当にきれいになります。

これは、トイレの取って部分です。

ステンレスはアルコールで拭くとピカピカになります。

手垢やちょっとした汚れはアルコールで落ちてくれます。

また、キッチンの引き出しや、洗面所の開き部分もアルコールで水垢や手あかがきれいに落ちます。

色んな洗剤で掃除してみました。その中でもアルコールが一番きれいになります。

新築同様の美しさを保つために、毎日何時間も掃除しなくても。

汚すことを気にしなくても。

光る部分がきれいに光っているときれいに見えてしまいます。

アルコールで拭くのは、数分あれば全て終わります。

手あかがついていても、水垢が付いていても、このアルコールで拭き上げることを継続していれば、10年経った家でもきれいです。

私も、20年30年と家が古くなっても、出来るだけきれいを保ちたいと思います。

お家を新築にしちゃいましょう。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加