ミニマリスト=楽する家事 ~疲れたワーキングマザーへ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

私は、ワーママでシンママです。私の周りにはワーママが多く、良く家事、育児、仕事の話になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

時短で家事が楽になるこつ

時短で家事が楽になるこつは、ずばり、ミニマリストになる事です。


仕事でクタクタ。帰宅して部屋が散らかっていたら…。
もうどっと疲れます。

帰宅して、すぐに食事の準備に取りかかれるためには、家がきちんとしていて、キッチンに物が沢山無いこと。

そのためには、物がないことと、朝、仕事に行く前に、キッチンを片付けておけばいいのです。

水回りは、すぐに汚れます。

そして、一度汚れると水垢って取れにくい。毎日3分でキレイが保てる3つの秘訣でも書いたように、毎朝3分でいいのです。

毎朝、水をふきあげると、汚れがつきにくく大掃除がいりません。

ミニマリスト=楽する家事

ミニマリストになるということ、それは、楽する家事とイコールだと考えます。

理由としては、

☑物がないと掃除が楽

☑物が少ないと管理しやすい。

☑物が少ないと探し物をしなくなる

物を減らし、物が管理しやすい。それだけで、家事が楽になります。

洗濯だって、沢山洋服があれば、着ない服が出てきたり、洗濯だって大変です。

衣替えをするのにも一苦労です。

衣類が少ないと、消耗が、早い。しかし、消耗したものだけ買えばいい。

服を買って「似たのばっかり」ということがない。

忙しくしていると、心が煩雑になる。そうすると、ゆとりとはかけ離れる

毎日の家事をこなすのが精いっぱい。その気持ち、分かります。

私もそうでした。

ただ、忙しくしている毎日を繰り返していても、「ゆとり」は生まれない。

その為に、休みの日に、クローゼットの服を一部手放すとか、キッチンの引き出しを一つ整理する。そういう小さな積み重ねで大丈夫なのです。

そんな小さな行動が、家事の「ゆとり」を生み出します。

そして、家事が嫌ではなくなります。

家事を楽にするミニマリストへの道

☑いらない服を捨てる。

☑キッチンの引き出しを一つきれいにする。

☑休みの日、余力があれば、キッチンの掃除を徹底的にする。

☑冷蔵庫の中の整理をする

☑在庫は1個まで。

☑在庫が沢山あるものは、使い切るまで新しいものを買わない。

☑買いたくなったら、3日待つ。

物が減ると、引き出しも物が少ないので掃除がしやすい。

自宅では、机や床に物を置きません。

物をおいていないとそれだけで、きれいに見えます。

また、床にごみが落ちているとすぐに気がつく。

小さな事の積み重ねです。

しかし、そのおかげで、帰宅後の家事の負担がグッと減るのです。

私も、帰宅後、料理、洗濯があります。

しかし、掃除や後片付けの時間がグッと減りました。

10分~15分位でしょうか?

かなり短いです。

家事を楽にして、ゆとりある生活を楽しもう

疲れたワーママ、仕事から帰宅して、また終わりのない家事をするのを止めましょう。

そして、短い時間で家事をすまして、一人コーヒーを飲んでもいいのではないですか?

子育て世代は慌ただしいです。

しかし、自分を大切にする時間があれば、また頑張れる。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加