通帳は、いくつあればいいのか?

Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

ついつい増える銀行の通帳、いくつありますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

通帳を整理してみた体験談

以前、「お金を整える」という本を読んで、「通帳は一冊に絞るべき」という内容に共感しました。
それまでは、私の分、子供の分と通帳だけで10冊以上。
もちろん、管理せずにほっとかれていた通帳もありました。

お金を整えるの著者は、お金を散らばらせないという理由で、通帳を管理しやすい1冊にしたほうがいいという事を述べていました。
そして、1冊に絞るメリットとしては、
①管理しやすくなる
②沢山の銀行からの引き落としがあると、お金があるのに、引き落としで違う銀行に入金し忘れて、手数料をとられた。
③住宅ローンは長い間貯金をしている銀行だと、信用が得やすく、金利が下がる可能性がある。
ということを述べていました。

そうかそうか!と思い当たる事ばかりだった、ウメは1冊に絞るべく、銀行周りをしたのです。

えっ?銀行の通帳って時効があるの?

まず、自分の通帳を確認してみると、冒頭にも述べたように10冊以上はありました。

その中で、「これ、もうお金は入ってないよね。」と思う通帳も3冊ほどありました。

お金が入っていないのだから、解約しなくてもいいかなとは思ったのですが、せっかくだから、解約しに行きました。

そしたら、合計1万5千円ほど、お金が入っていました。

そして、とある銀行で言われたことは「本当は、失効されている通帳なんです。」と言われました。

えっ!時効があるの?と思いました。

そこで、調べてみますと、銀行は5年、信用金庫などの協同組合は10年という期間が定められています。つまり、その期間使わないと、権利としては無くなってしまうという事です。

まぁ、引き出せて無事に解約できましたが、0円だと思っていた通帳が、かき集めると1万5千円になるなんて、びっくりしました。

必要のない通帳も手放さないといけませんね。

通帳は1冊に絞るべきか?

出来れば、1冊で管理したいと思います。私は、主要な引き落としは全て一つの銀行に絞りました。

そうすると、楽になりました。

ただ、私の場合は、子供の教育費や、老後の資金、旅行の貯金と項目ごとに貯金をしています。

それを全部一つの通帳にいれてしまうと、項目毎の貯金額が分からなくなるのです。

それは、私にとっては不便なのです。
通帳を少なくすることで、管理がしやすくなった。思わぬお金が入っていることが分かった。というメリットがありました。

通帳を少なくするといいという事は本当ですが、私は1冊には絞り切れていません。それでも、5冊程度は手放せました。

いつの間にか、増えていく通帳ですが、これからもこれ以上増やさないようにしていこうと思っています。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログランキングバナー
素敵なブログが沢山あります。
人気ブログランキング
ブログ村ブログランキング
ポチッと押してくれると喜びます。 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。