手放してよかった事

Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

手ばゆと(手放してゆとりある暮らし)も、4カ月過ぎました。いつも、ご覧いただき嬉しく思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

理想の暮らしを追及すると手放す事が必要

私はずっと、多忙な毎日を送っていました。

そんな中で、「何か、変えたい。もっと自分の時間が欲しい」と強烈に思いました。
時間がいつもあっという間に過ぎてしまい、それなりに充実した暮らしをしていましたが、もっと、自分が理想とする暮らしに近づけたい。そう思いました。

以前は本当に時間が足りませんでした。今でも、多忙だと感じることがありますが昔ほどではありません。

昔の私の日常は、朝起床してから、ご飯の準備、子供を起こし、子供を幼稚園のバスに乗せる。家に帰宅し、掃除。それから仕事。仕事から帰宅して、夕食を作り、子供と遊ぶ。お風呂に入って、読み聞かせをしながら一緒に寝る。

そんな1日でした。当然と言えば当然ですが、これに加えて、休日は自分の習い事、子供の幼稚園の行事に参加など、常に動いていました。

若いと出来ることなのかもしれません。

今は、同じような事をしていても、色んな事を手放すようになりました。

私が手放したこと

☑家事編
時短料理を研究した。出来るだけ早く、簡単に料理が出来るように心がけた。
掃除がしやすいように、徹底的に物を減らした。
毎日の床磨きをやめた。
毎日家をピカピカにするという考え方をやめた。

☑仕事編
出世やキャリアアップを目指すことをやめた。
残業や、良い人ぶる事をやめた。
嫌な人がいても、いちいち気にして落ち込むことをやめた。
多い飲み会に行くのをやめた。
常にこうあるべきという考え方をやめた。

☑子育て編
無理に疲れているときは、読み聞かせなど、子供に時間をかけすぎることをやめた。
毎週、どこかに連れて行かないとという考えをやめた。
こうあるべきという考え方をやめた。
おもちゃを買い過ぎる事、ブランドの洋服を買う事をやめた。
周りの子供はどうなのかな?と比べることをやめた。
ママ友のラインに即レスすることをやめた。

私の理想の暮らしかた

私が理想とする暮らしは、自分自身が楽してゆったりと暮らす。家族中心に暮らす。毎日穏やかに暮らす。という暮らし方です。


その中で、自分が好きな事をする時間を確保することも必要です。

今までは、充実していたけど、お金や時間に追われていたところがありました。

忙しいと、ストレスもたまりやすくなります。相手のちょっとした言葉にカチンとくることもあります。
でも、時間にゆとりがあり、体も心も楽になる状態だと、ちょっとしたことでも流せるようになってきました。
そういう時に、「あっ、私、成長したな。」と勝手に感じています(笑)
そうやって日々を過ごしていると、いつの間にか理想の暮らしに近づいていることが分かります。

何かを握りしめていると見えない事がある

こうあるべきとか、良い母親とか自分にプレッシャーをかける事がありました。そういう時は、自分の考えをなかなか変えられないものです。
私は、頑固なので色んな考え方が出来ない事があります。
しかし、自分にゆとりが出来ると、いちいち色んなことに反応しなくなってきました。
色んな感情を手放して、お金や人間関係が以前よリ良くなってきています。

これからも、自分の考えや感情を時に手放して、楽に暮らしていきたい。そう感じています。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログランキングバナー
素敵なブログが沢山あります。
人気ブログランキング
ブログ村ブログランキング
ポチッと押してくれると喜びます。 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする