今からでも遅くない‼教育費を貯めよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

これから先、気になるのは教育費、老後の貯金ですよね。この2大支出をどう準備するかが、今後の要になってきます。

目次

1教育費を貯めよう
2学資保険も視野に入れる
3学資保険に入って良かった事
4私が選んだのは
5理由として
6意外に知らない落とし穴。貯蓄を崩してしまうわけ
7学資を選ぶコツ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

教育費を貯めよう

教育費で一番気になるのが大学の費用。もちろん、直近でいえば塾の費用もありますね。

可愛い我が子だからこそ、自分の好きな道を歩んで欲しい。お金の事は気にせず、好きな大学を選んで欲しい。そう思うのは、シングルマザーだって同じです。

もし、大学が私立で仕送りが必要になったらどうしよう?そう考えると貯金って大切です。

学資保険も視野に入れる

私は、子供が2才になる前に学資保険に加入しました。満期は18才で200万円降りるようになっています。

一番お金がかかる時期は、やはり大学進学時期です。その時に、貯金が増えている予定ではありますが、学資保険に入っていると、心強いものです。

貯金をしていても、どういった理由で貯金が厳格するか分かりません。

学資保険に入って良かったこと

子供が1年生の頃、入院したことがありました。その時に学資保険から保険料が支払われ、入院費はまかなえました。その時は、急な出費もなくありがたいと思いました。

そして、保険があるというのは安心でもあると感じました。ちなみに、保険を使っても、月々の保険料は変わりません。保険を選ぶときはそれも視野に入れた方がいいです。

関連記事です。保険はやっぱり心強い

私が選んだのは

私が学資保険に選んだのは、JA子供共済です。もちろん、色んな学資保険を比較検討しました。

今は、利率の良い学資保険が多いので羨ましいです。

理由として

1調べた中でも一番保険での掛け捨て金額が少なかった。

2支払い者に万が一の事があった場合、その時点から、支払いはしなくても満額もらえる。

3支払い者に万が一の事があった場合、養老年金として毎年一定額の金額が入金される。

私は、貯金をするより、強制的に引き落としされて、簡単にお金をおろせない仕組みが性分にあっています。

貯金も大学費用と思って貯めていたとしても、途中で塾に通ったり、突発的にお金が必要となるかもしれません。

しかし、大学費用が必要となったとき、貯金以外に100万でも、200万でもお金があるということは、心強いものです。

意外に知らない落とし穴。貯蓄を崩してしまうわけ

あれっ、あんなに教育費を貯めていたのに!やばくない?

同じ小学校に通う保護者のママさんで、地元の有名な私立中学にお兄ちゃんが通っています。私立中学というと学費は年に70万から100万円かかります。
それ以外にさほどかからないと思いきや、修学旅行など、海外に行くそうです。金額もうん十万円です。
子供が行きたいといえば、お金を出さないわけにはいかないのが親ごころ。
そのママさんは「大学費用にと貯めていたお金が減ってきたのよ。」と嘆いていました。

やはり、子供の教育にはお金がかかるものです。そして、ある程度は予測できていても、お金が足りなくなることだってあるのです。

学資を選ぶコツ

1 3社以上からパンフレットを取り寄せて比較する。

2 自分の払い続けられる無理のない金額設定にする。

3 自分のライフプランにあった学資保険を選ぶ。(18歳で満期とするのか、20歳で満期とするのかなど)

学資保険はどのようなものでも良いと思います。後悔の内容に、色々下調べをすることをすすめます。無理のない程度に今から貯金しましょう。

また、小学生からも入れる学資保険があります。

今から入ろうと思ったら、窓口で直接相談するのもおすすめです。

こちらは、営業マンではなくFPが相談に乗ってくれるもの。沢山ある保険会社から比較して選んでもらえます。教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

学資保険を選ぶなら無料でパンフレットを取り寄せて。こちらがおすすめです。≪学資保険≫一括資料請求
ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterフォローでブログの更新を受け取れます

コメントの入力は終了しました。