お肌のしみの悩みは即解決!シミは皮膚科のアレがコスパよし!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

30代半ばぐらいからでしょうか。

しみに悩まされています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

お肌のしみの悩みは即解決!シミは皮膚科のアレがコスパよし!

C_Scott / Pixabay

私達、アラフォー、アラフィフ世代にはしみは大敵です。

加えて私は、吹き出物という肌荒れも抱えていまして、それは、こちらで解決しています。


しみも、数年何が良いか悩み、化粧品、皮膚科、美容皮膚科と色々遠回りをしてきました。

最近は、皮膚科のアレが私を救ってくれています。

それは、

ハイドロキノン!または、HQクリーム!

皮膚科のハイドロキノンはコスパ◎!効果あり!

これは、皮膚科で処方される塗り薬です。チューブタイプのものから、小さなケースに入っている場合もあります。

これを、夜、スキンケア(化粧水など)した後にシミの部分に薄く塗るだけ!効果はかなりあります。

そして、何よりうれしいのは、そのお値段。

しみの治療は保険適応外です。その為、全額負担になります。それでも、ハイドロキノンほどの効果のある化粧品は少ないし、なにより、シミに対して良いと言われる化粧品はかなり高額です。

このチューブで1500円から2000円程。

どこの皮膚科でも処方してもらえるはずです。

※飲み薬を処方される場合もありますが、肝斑などは飲み薬が効果的だそうです。

皮膚科のハイドロキノンを進める理由

長年、この皮膚科のシミクリームを使っていますが、今までのなによりも効果が高い。

しみに直接塗り薬をぬるだけ。そして、3カ月くらいでシミはかなり薄くなります。

目立っていたあのイヤーなシミがオーガニックファンデーションで隠れるほどに薄くなる。

そして、使い続けていくうちに、小さなシミは無くなります。

そして、1㎝程の私のシミも、きれいに薄くなって、1㎜程にまで小さくなりました。

もう、ほんと助かります。

■ハイドロキノンのメリット■
◆化粧品より安い◆市販のものより効果が高い◆医師の診断の元に出されるから安心◆副作用が少ない◆レーザー治療のように痛くない

ハイドキノンの注意点

Pexels / Pixabay

このハイドロキノンですが、効果が高い分、注意して使用する事も必要です。
そして、皮膚科に行くと必ず、注意点を書かれた紙を渡されるはずです。

これをよく読まないといけません。

簡単にまとめると

ハイドロキノンの注意点

◆人によってかぶれたり、刺激アリ

◆強い紫外線でシミが強くなる そのため、短時間でもSPF20 以上の日焼け止めを必ずつけないといけない

◆夜つけたら、かならず朝、石鹸や洗顔で洗い流す事

◆皮膚に薄くつけること

※また、医師の診断により処方される薬なので、安易に人に貸したり譲ってはいけません。

あきらめないで。シミも良くなる

SaeLoveart / Pixabay

私は、思春期の頃からひどいニキビに悩まされていました。そして、30代過ぎからはシミにも悩まされています。肌がきれいな人がずっとうらやましくてたまりませんでした。

その為、若い頃は、化粧品カウンターの店員さんの言うままに化粧品を買っていました。

高額な化粧品を買っても、あまり変わらず、何がいけないのか?何が違うのか?ずっと悩んできました。

だから、肌の悩みは人一倍あります。

その分、紆余曲折してきたのですが、シミはあきらめなくても、お金や時間がなくてもきれいになる事が分かりました。

まだまだ、肌の悩みはありますが、皮膚科のハイドロキノンに本当に助けられました。

お金がなくても、もともと肌荒れがあっても…

きれいになる道もあるのです。

是非、皮膚科のドアを叩いてみて下さい。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加