台風を経験し、猛烈な【捨て期】に入ったミニマリスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

今回も大きな台風が全国各地で爪痕を残しました。

私の所はありがたい事に大きな被害はありませんでしたが…。

ニュースを見ると、被害を受けられた方も多く、悲しい気持ちに襲われます。

そして、被害はなかったものの、強烈な風・雨。台風は怖かったです。そして、いま、猛烈な捨て期に入りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

台風を経験し、猛烈な【捨て期】に入ったミニマリスト

raggio5 / Pixabay

台風や地震を経験すると、まっさきに考えるのが「命の重み」

そして、いかにして命を守るかという事です。

今年は台風も多く被害も甚大です。

台風や地震時には防災グッズを用意しています。しかし、いざとなったらすぐに必要な物を持って行けるだろうか?

そして、台風が去った後、一番初めにしたことは、窓掃除。ベランダ掃除です。

ベランダもほとんど何もなく、植木が2個あるくらい。それも部屋に入れていたので、ベランダはさほどひどい事になっていませんでした。

しかし、どこからともなくやってきたほこりとゴミ。これをきれいに掃除して、窓もきれいに掃除しました。

それからなぜか急に「捨てよう」とスイッチが入りました。

使っていないたった一つの缶。

4セットしかない下着を古ぼけた1セットを捨て。

子供のちょっと汚れた下着を捨て。

必要と思っていたインテリアグッズを捨て。

使わなくなって雑巾として使っていた古タオルを捨て。

とにかく、捨てたくなったのです。

そう、使っている物も。

もっと減らせる。

もっと、シンプルに。

もっと、スッキリとして分かるように。

私たちが災害から命を守るためにするべき事

designedbyjess / Pixabay

使っている物・必要と思っていたもの。

それ本当に必要なの?

そう自問自答します。

そして、捨て期に入りました。

もし、災害に襲われて逃げる時に。物が多くてそれが頭に当たったら?

物が邪魔でドアが開けられなくなったら?

そして、逃げる時に何を持って行くか悩んだら?

台風や地震の被害にあわなくても、台風の強烈さを知れば怖くなる。

そして、身を守ろうと無意識に考える。

もっと物を減らしたい。そう思うのは

ミニマリストになって、物が少ない方が、命を守れるから。

物が少ない方が、とっさの行動が出来るから。

そして、家が災害で被害を受けても、被害を最小限に出来るから。

何かあれば、避難することで守れる命がある。

そして、家も、物が少なく必要な物だけで暮らす事で

家の中も被害も守れる命があるかもしれません。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加