服選びはこの本と共に。今年もこの本を活用中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

今年も、少しずつ寒くなり、秋冬の服を出さなければいけません。

衣替えをしていると、「これは、もう消耗しているな」と思う服もあり。

やっぱり、お洋服の更新が必要になります。

さて、今年も出番となったおすすめ本があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

毎朝、服に迷わない 秋/冬 暖かいのにおしゃれになれるを読んで、着回しを考え中

まさか、去年、あんなに熟読してまた、今年も読むとは思わなかったこの本。

例えば、着回し方や、服の素材選び、色選び。

なるほどと思う事が沢山

やっぱり今年も手放せないな。

服を更新する前で良かった。本を読んでから行動しよう

服を買う時は、自分の手持ちのワードローブと似合うかとか、着回しがきくかとか考えます。

そして、このアイテムを買おうと思ってショップに行くんです。

しかし、ショップへ行くと、流行りの服、おしゃれな服、目新しい服、きれいな色の服。

誘惑に負けて探していたものと違うのを買ったり。

私は今までもこういうミスが多かったんです。

でも、これでもミニマリストです。

少ない洋服でミスは痛い。

だから、着回せて、なおかつシンプルな素敵な服を選ばなくては。

暖かいのにおしゃれになれるは色あせない


去年の服なのに、色あせない本。今年見ても、十分オシャレ。そして、去年は気が付かなかったヒントももらえました。

シンプルで定番の服を選ぶコツってちょっとした技術が必要。

でも、そのちょっとした技術が一般人には難しい。

難なく着こなしているお洋服だって、そのスタイルだからでしょ?って言いたくなる服も多い。

同じ、ユニクロの服でもどうしてこんなに差が出るの?って言いたい!

そして、スタイルが良ければ、この服もプチプラ服ももっとうまく着こなせるのに・・・。

そうぼやいてしまう。

だけど、この本のおかげで、私の私服もちょっとはおしゃれになれそう。

ウメでした。
合わせて読みたい

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加