【書評】金運の本を読んだら金運アップした事&ハッとさせられた事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

なんでしょうか。先日金運アップの本が無性に読みたくなり一冊の本を手にしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

金運アップの本を読んだらちょっと金運がアップした

なぜか神様が味方するすごい!金運の引き寄せ方田宮陽子著 という本です。

その本を手に取ったら最初に

「おめでとうございます。あなたは豊かで幸せなお金持ちになれます」

と書いてありました。ちょっと嬉しい反面怪しい気持ちで読み進めました。

読んでいくうちにお金持ちになる習慣が書いてあったのですが、

「あーこれね。やってるよ」と思うものもあれば「やばい、私コレ出来ていないかも」とハッとさせられる事もあります。

しかし、本を読んだ後で偶然か金運アップしたのです。

結論を最初で言うと、この本を読んでから歯科に行きました。そこで「前回もらい過ぎていました」と言われて、その日の支払いがないばかりか、300円程返金されたのです。

なんだ、なんだ。と思ってびっくりしました。だって、病院で返金される事ってあまり経験ないんです。一瞬、本のお陰かもしれないと思いました。いやいや、偶然か?そうだとしても、ありがたい。その後も続けて臨時収入がちょっと入ったり、お菓子をもらったりとなんだか金運アップしています。

それで半信半疑だったんですが、やってみて損はない。お金持ちになる習慣はやってみようという気持ちになりました。

お金持ちになるために出来ている習慣

では、本に書いてあるお金持ちになる習慣で出来ている事をあげてみます。

トイレをきれいに磨いて、トイレの蓋を閉める。
床をピカピカに磨く
玄関に不要な物を置かない
使わないものは手放す
財布のお札の向きをそろえる
とっておきのパジャマを着る
イライラした時に物に当たらない

これは出来ている習慣です。ブログでも書いていますが、トイレ掃除は私の毎日の日課です。確かにトイレ掃除をするようになって金運が上がりました。
掃除も同じです。

後はミニマリストですから、しょっちゅう物を手放しています。
ミニマリストの皆さんは、この習慣は全て出来ているんじゃないですか?

お金持ちになるために出来ていない習慣

お金のメンタルブロックを外す
自分をさげすむことをやめる
お金持ちのつもりで行動する
臨時収入が入った時に無駄遣いしない

出来ていない行動としては、お金のメンタルブロックを外せていない。

お金のメンタルブロックとは、「自分の給料は20万そこそこだ」とか「お金持ちになんてなれる訳がない」と思う事です。それがお金持ちになるのを阻んでいると書いてありました。確かに、「お金持ちだ」と思った事ないです。そして、「月100万もらうぞ」とか思えないです。

私のわるい癖は「どうせこれから定年まで月20万円代だろう」とか「お金が増えないから、貯金を頑張ろう」といった考えです。ついついネガティブに考えてしまいます。

また、今より貯金がない時は「老後は大丈夫かな」といった未来への不安も大きかったのです。

今は、貯金が出来るようになったからそういう不安も大分減りました。ただ、月の給料についてはネガティブです。

しかし、本によればそういった考えや思いが、自分でお金の入り口をふさいでいるのだそう。自分で「月100万もらうぞ」と思えばそうなるんだとか。

これ結構ハードルが高いと思いませんか?だって、「月100万円もらっている」ってなかなか思えないですよね。いきなり20万円から100万円って考えにくい。でも、少しずつハードルを上げて「月の収入50万」ぐらいから始めてみようかと思います。思うのはタダだしね。

そして、もちろんお金持ちだと思っていないから「お金持ちの行動」なんてできていません。しかし、服を買いに行くにしても「必要」と思えば高くても「買える」と思う。それが大切なんだそうです。

そして、逆に無駄遣いをしない。例えば臨時収入が入っても使わない。私もそう思っていても、臨時収入が入ると使ってしまうこともあります。著書によれば、神様がお金を沢山与えてどういう使い方をするか見ているようです。そして、無駄遣いすれば「まだお金の修行が大切」と判断され、収入が入らなくなるそうです。

意外にお金持ちは値札を見て買い物をするそうです。ピンが一本足りないなら、ピンを一本だけ買う。不必要なものは買わない。これが大事らしい。

お金持ちってミニマリストなの?

そう思わずにはいられません。

お金に不自由しない生活は周りも幸せにするらしい


お金に不自由しない生活、お金持ちの生活ってなんか雲の上の存在といった感じです。しかし、お金がある事で出来ることがたくさんあります。例えば、子供が進みたい大学費用を出すことが出来る。老後は子供に心配かけずにお金の工面が出来る。困っている人を助けることが出来る。それから、今は微々たる寄付を時々するくらいですが、お金があれば多額の寄付をする事も出来ます。まず、周りの人を幸せにしたいなら、自分が豊かになる。そして、その豊和を周りに還元する事だそうです。

このようにお金がある事で周りも幸せにすることが出来ると著者は言っています。

お金を受け取る事を頭でブロックせずに柔軟な考えを持ちたいものです。

今回読んだ本です。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加