捨てるのはもったいない?捨てられないを解決してスッキリ暮らす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

部屋をきれいにしたい。節約したいと思っていませんか?

でも、いざ掃除をしようとすると、物が捨てられない。

その気持ちになるのはきっとあなただけではありません。
でも、不要な物を捨てずにいると、ゆとりある暮らしは遠のきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

捨てる事を恐れると、ゆとりある暮らしは遠のいていく

jeanvdmeulen / Pixabay

よく「もったいないから、取って置く」「まだ使うかも」という言葉を耳にしませんか?

これ、片付けようとしたり、捨てたらと言うと言われる言葉です。また、「きれいな家にしたい」と相談を受けて、いらなそうなものを捨てようとしても言われる言葉です。

しかし、使っていない物、出番がないものを長く取って置くことほど、もったいないことはありません。
なぜなら、物を減らさない限り、ゆとりある暮らしは出来ません。ゆとりある暮らしとは、お金も、時間もゆとりのある生活スタイルです。
では、なぜ物を捨てられないと、ゆとりある暮らしが遠のいてしまうのか?

それは、「物を捨てる、手放す判断が出来ないと、他の管理も出来ない」という事です。つまり、本当は捨てないといけないのに、判断できない。という事になります。本当に必要な物と必要でない物を区別できないという事は、買い物をするときにも、買う買わないの判断が鈍ります。

そうすると、ますます必要ない物を引き寄せるのです。

あなたはお金も時間ももっと手にしたいと思わない?

congerdesign / Pixabay

私は、ワーママでシンママです。

時間=マネーです。

私にとって、1時間はとっても貴重な時間です。そして、ママにとっての1時間もとっても貴重です。
あなたがママなら、この1時間の大切さ、分かっていただけると思います。

シンママなら、なおの事です。忙しくてヒーヒー言いたくなります。
1時間あったら、昼寝も出来るし、家事も出来る。ブログだって3分の1は書ける。

さて、それでは、多忙な毎日の中で、どうやって1時間作るかっているのが問題です。

毎日タイムスケジュールがある中、1時間を作り出すのは難しい。
ただ、時短で時間を作り出すことが出来るのです。

ズバリ、家事の時短です。

掃除や洗濯、料理の時間が短くなれば、ママとしての負担も減って、時間だって作れます。

では、時短家事をするにはどうしたらいいのか?

ミニマリストは時短家事の天才

monicore / Pixabay

さて、ミニマリストです。

物の少ないミニマリストです。

物が少ないという事は、非常に不便なように聞こえます。

また、ストックや予備がなくて、不安にならないの?と思われるかもしれません。

でもね。

ストックや予備がなくて不安にならないんです!

なぜなら、すぐに買いに行けるから!

トイレットペーパーや洗剤は1ストックは置いています。しかし、それ以外のストックは、持たないようにしています。

だって、食品でも、日用品でも、使い切ったら買いにいけばいいからです。

スーパーは毎日営業しています。急を要するなら、コンビニだってあります。

それに、なにか使い切っても、他の何かで代用できることが多いのです。
それより、クローゼットや棚にストックだらけだどどうでしょうか?
物が多いと掃除がしにくい。いつもストックを置いておくと、棚の中は掃除を忘れがちになります。

おまけに、沢山のストックを持っていると、どこに何があるか管理がしにくい。

それは、支出が増える原因にもなります。

例えば、歯磨き粉を買ってきた、家に帰って棚にしまったら、以前買った歯磨き粉があった。

歯磨き粉は、まだいいですが、これが賞味期限の短い食品だったりすると、まさに無駄になってしまいます。

物は、物を呼びます。物が増えると、どんどん物を引き寄せてしまいます。

だから、ストックや予備はあまり持ちすぎない方がいいのです。

物を買わない。いらないものは捨てる

さて、余分な物を買わなくなっただけで、随分と部屋がスッキリとしたのではないでしょうか?
次は、いらないものを手放す作業です。

沢山のショップバッグやお土産でもらったお菓子の缶。きれいなリボンや、袋。読まなくなった雑誌・・・。これらは、思い切って捨ててしまったほうがいいです。

そして、衣類。これはなかなか捨てられない人も多いのでは、ないでしょうか?

ただ、衣類でぎゅうぎゅうのクローゼットは、ストレス。

思い切って、捨てるか、洋服の買い取りに出してしまいましょう。

どうしても、捨てられないなら、人にあげればいい。

物を手放すと、すっきりします。

そうすると、部屋もスッキリとします。実は、私も、買い取り業者に買い取ってもらったんです。おかげで、クローゼットはスッキリして快適です。

不思議ではあるが、捨てた方がお金が貯まるという事実

mattysimpson / Pixabay

物を捨てるという事は、お金を捨てたような気がします。それゆえ、もったいないという気持ちになります。しかし、これが逆なのです。私自身、物が多い生活より、少ない生活の今の方がお金が貯まるようになりました。

物を捨てるという事は、後悔や、罪悪感が出てきます。しかし、不要な物を捨て、スッキリとすることで、さらに不要な物を買わなくて済むのです。いつもスッキリとした生活をするためには、物を増やさないようにしなければなりません。
その為、買うときにはしっかり考えて買うようになります。もちろん、衝動買いも減っていきます。そして、物を買わない生活になると、お金が貯まっていくのです。

もし、床にモノを置いている生活であれば、そこにどんどん物が積み重なって、どこに何があるか分からなくなります。しかし、床に何もなければ、そこにモノが置いてあると、不愉快な気分になります。きれいな所に、物があるとすぐに目につくのです。だから、すぐ片付けてキレイな床をキープできます。

必要ない、使っていない物を捨てて、ゆとりある暮らしをしよう

捨てるのはもったいないと思っていたことが、実は、お金も時間も無駄にしているかもしれません。

本当に必要な物、他の人から見ても不要でも、自分にとって宝物。そういったものは捨てる必要はありません。
しかし、余りに物が多く、片付けられないのなら、捨てるという事をすると、随分と価値観が変わるかもしれません。

捨てる=もったいないという考えこそ、もったいないかもしれませんね。是非、ゆとりある暮らしを。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterフォローでブログの更新を受け取れます