7人に1人の子供が貧困 シングルマザーが豊かに暮らす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

最近、ネットサーフィンをしてしまうのですが、そうしていると、暗いニュースが飛び込んできます。ついつい気になってクリックして読んでしまうのですが、私の目に留まるのが、主に教育費なのです。

例えば、

修学旅行の多額のお金が払えず、皆が旅行に行く中、お金が払えなかった子供は学校で自習とか、

大学費用が払えず子供は進路を泣く泣く変えたとか。

胸が潰れそうになる記事ばかりです。

日本はこんなに豊かな国なのに、日本人の7人に1人は貧困と言われています。

そして、貯金が出来なかった昔の私もあやういところにいたのだと感じるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

日本人の7人に1人の子供が貧困 シングルマザーはお金の悩みに打ち勝つ必要あり

szymonpacek / Pixabay

こういう記事を読んでいると、私の一番恐れている悩みとはお金の不安だと気が付きました。

特に学校・教育にかかわるお金です。

子供がお金が原因で好きな道に進めなかったり、やりたいことが出来ないというのは母である以上、一番つらい事です。

きっと日本中のお母さんが同じ気持ちでいるのではないでしょうか。

特に、シングルマザーである私のような環境にいると、お金の悩みは死活問題です。

今は、貯金術を学び年100万貯金ができるようになりました。しかし、それまでは貯金も下手で支出の多いメタボ家計でした。

そして、貯金ができるようになっても、シングルマザーは働けないとすぐに貯金が激減してしまうという重大なリスクがあります。

700万貯金できても、けっして気を緩められないのです。

つまり、シングルで育てる子育ては、働ける健康な体と、なにかあっても大丈夫な貯金が心の安定剤だという事なのです。

そこで、提案。

まずは貯金する。ある程度まとまったお金がシングルマザーにこそ必要です。

まずは貯金力を。ある程度まとまったお金がシングルマザーにこそ必要です。

nastya_gepp / Pixabay

お金を貯めるといっても、生活がかつかつであればそれほど貯金に回せないかもしれません。

ですが、私自身もミニマムな暮らしと捨て活で、貯金ができるようになった一人です。

そして、まとまったお金というのは、シングルマザーを心強くさせてくれる安定剤です。

では、貯金ができる方法を駆使し、お金に困らない生活力を身につけるにはどうすればいいのか?

まずは、部屋をすっきりさせる。毎日、水回りをかんたんでいいので掃除する。

そうすると病気をしにくい体になります。また、金運もアップします。

次に物を買わない。支出を減らすのです。どんなに安くても、100円でもすぐに財布のひもを緩めない事。必要最低限のもので生活する楽しさが身につけば、支出はかなり減ります。もし、どうしても必要なものと不要なものが分からないときは、物を手放しましょう。

物を手放す基準は

2つ以上ある「おなじ物」は使っていないものを手放す。

服はワンシーズン20着と決めて、2年以上着ていない服を手放す。

読んでいない本は思い切って手放す。

物に執着する、物をなかなか手放せない方は難しいかもしれません。

そういう方は周りの人の力を借りて物を捨ててもいいと思います。

物を手放せるようになってくると物欲から解放されていきます。ストレスも減るので穏やかになっていきます。思考力が出てくるようになり、仕事のミスも減ってきます。

究極。シングルマザーこそ細く長く仕事をする

シングルマザーで働くということは、大変なことも多いです。子供の行事、急な病気、他にも急な休みを取らざるを得ないことだって出てきます。職場にも迷惑をかけ、そしてその全部を自分一人でこなす必要があります。

実は、私、仕事・子育て・家事・そして、妹の出産後の手伝い。これらすべてを抱えていた時期がありました。

ハードな時期が続き、身も心もくたくた。ストレスもあり長期間病気になったことがあります。

結果、仕事をセーブしながら働きました。

そう、シングルマザーは、体調を崩す確率が高くなります。しかし、体調を崩してはいけないのです。

仕事ができないと一気に貧困になる可能性があります。ですから、日々ストレスをためない。余力を残した働き方をする。

決して働きすぎて体調を崩すのは避けたいところです。

細く長く働けるように健康に気を使って生活する事。

これが特に大切になってくるのです。

いかがでしたか?シングルマザーこそ急なトラブルに負けない貯金力が必要です。

まずは、少しずつ目標をクリアし、ゆとりあるシングルマザーに近づきましょう。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加