物が捨てられない?その本心は?過去に縛られていませんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

物が捨てられない。物を減らせない。

そういった悩みはどこにでもあるんだなと思います。

でも、ちょっとした考え方をすれば、物は減らしていけるんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

物が捨てられない?過去に縛られていませんか?

kaboompics / Pixabay

物を減らしたいという方で物を減らせないのは2パターンあると思うのです。

一つは、面倒なことが嫌い。掃除や片付けが嫌いなタイプ。

この場合、本人がやる気にならないと難しいと思います。テレビでごみ屋敷にすんでいる方を見たことがあります。

周りには異臭が漂い、家の外までごみが溢れています。

しかし、本人にはごみという認識が全くないのです。

ここまでは極端なのかもしれません。

しかし、私にも似たような経験があります。

今より、物が多く貯金が出来なかった頃、私は、物が溢れていた家で過ごしていてそれが普通だと思っていました。

そして、普通という価値観は人によって様々なんです。

今はミニマムに暮らしているので、物が多い妹からは、変人扱い。

人の価値観によるものはなかなか変えられません。

話を戻して、別の捨てられないタイプは、過去を大切にする人。

私の友人に、物を減らしたいけど減らせないという友人がいました。お金も貯められるし、家事や掃除も得意なんです。

それなのに物が捨てられないんです。

彼女に何が捨てられないか聞くと、きれいな箱、缶、包装紙など。

お土産にもらったからとか、いつか使うかもという理由はアルアルです。

そして

なにかと、思い出を大切に取って置きたがります。

しかし、私達は今を生きていて、過去には戻る事は出来ません。思い出を残すのも大事ですが、その為に、部屋がモノで溢れかえってしまっては意味が無いのです。

物が多いのは、本当に物を大切にはしていない

一見、すぐに物を捨てずに、物を長く持ち続けている方が、物を大切にしているように見えます。

ですが、物で溢れた部屋に思い出も物が雑然と置いてあっても、見て思い出にふけるなんてそうそうないんです。

ただ、物が積み重なっていく。

それでは、物が可哀そう。

思い出は、写真で保管。今は、クラウドやPC内にデーターとして保管も出来ます。

むしろ、大切な物を際立出せるためには、ガラ―ンの空間に物が置いてある。オブジェの様に自然に。

その方がずっと物が光って見えます。

必要のない物でも捨てられない。それは、よく分かります。

いつか使うかもしれないし、気になるかもしれない、大体、物が可哀そう・・・。と。

だけど、物を捨てたり手放さない限り、捨てられないという重たい気持ちはずっと残っています。

最初が肝心。

物を捨てたり手放せるようになると、物を増やさなくなり、物で溢れないように気を配れるようになります。

そうすれば、いつもスッキリとした部屋で気持ちよく過ごせます。

では、物を捨てられるようになるには?

では、物を捨てられない人が捨てられるようになるには、どうしたらいいのでしょうか?

物が捨てられない時は、ストレスが溜まっていたり、物を管理する力が低かったりします。そういう時は、捨てる基準や判断力が鈍っている事があるのです。

そしてだんだんと面倒になってしまう。しかし、そんな弱い自分自身と向き合うしかありません。私自身もそうであったように、物が減らせない時には、何かしらの心理的葛藤があったりします。そこを乗り越えられると、物を捨てる事が出来るようになります。そして、不思議と物を買わなくなるのです。

ストレスや面倒な自分と向き合うのは大変ですが、出来るようになると物が多い自分から、スッキリと暮らす自分に代わる事が出来ます。

物が多かった時は、貯金もあまりできませんでした。物が減らせるようになってから、貯金が増えるようになったのです。

物を減らすという事は、見栄や人からの評価にもこだわっていたのだと気が付きました。

物が少ない状態でも暮らせるようになると、内面から自信が出てくるような気がします。

物を減らせるには、精神的な切り替えが必要なんだとつくづく感じています。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加