大掃除前に、掃除と断捨離をしたい。捨てられない物との向き合い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。

冬も晴れた日は気持ちがいいですね。

転機が良くて休みの日は、窓を全部開けて喚起をしています。

そして、掃除にもミニマムな暮らしにも拍車がかかっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

過ごしやすい時は掃除が楽!大掃除前に断捨離したい

cbabel3 / Pixabay

お天気も良く、過ごしやすい時には、ベランダ掃除や窓掃除がすいすい出来ます。

これが、夏だとベランダ掃除をするだけで、ぐったりとなります。だって、暑いからです。

逆に真冬だと寒すぎて外を掃除するのが億劫になります。

今でも、寒いですが、年末より掃除がしやすい季節です。

ココは、大掃除前に外回りを掃除したい所。

そして、

なぜか、掃除をしていると「もっと捨てたい」病になることがあります。

クローゼットも押し入れも割とガラ―ンなんですが、

必要のないものはいらない。

むしろ必要な物だけで生活したい。

そんなシンプルな考えになるんです。

捨てられない物との向き合い方


そして、必要のない物があると手放しています。

そんな私でも悩むものがあります。

風呂のふた!

皆さんどうしていますか?

我が家は風呂は貯めていますが、すぐにお風呂に入るので風呂のふたって使わないんです。

でも、

使う時が来るのかな?

とか、

取って置いた方がいいのかな?

と思ってしまう。

また、

賃貸にお住まいの方だと、風呂のふたってついていますよね。これを勝手に捨てると、家を出る時に別料金取られそうですよね。

悩む。

もし、

この家を引っ越したり、はたまた、人に貸すことがあれば

風呂のふたってあった方がいいんでしょうか?

そんな事を悩んでいます。

悩みだすときはとりあえず、おいとこ

実は、捨てようか捨てまいか悩んでいると、掃除の時間があっという間に過ぎてしまいます。

それはもったいない時間の使い方です。

大分悩まず捨てられるようになっても、やはり、悩んでどうしたらいいか分からなくなってしまうことがある。

掃除していると、この本、捨てよっかな~。取捨選択しているうちに、本を読みだす。

時間が過ぎてしまう。

こんな状態になって、捨てたいのか、本読んでるのか分からない状態になることもあります。

断捨離あるあるです(笑)

そういう時は

悩んだものを置いておいて、掃除をする事にしています。
でも、本棚も、引き出しも、すっきりすると気持ちも上向きになるのも分かっています。

それでも、悩む時がある。

ホントは、悩んでいる自体で、いらないってわかっているんですけど。

今は捨てられなくても。手放すチャンスはまだまだある

思い切って捨てたいのに、捨てられない。

優柔不断で、決断力のない自分にイライラする。

こういう時、しょっちゅうあります。

しかし、今は決断できなくても必ず決断できる時期が訪れます。それまで、ちょっと、忘れるのも一つかもしれません。

断捨離は一度やったらおしまいではないのです。

継続しないと、いくらでも物が増える。

その都度、自分自身と向きあい、決断する必要があります。

そうこうしているうちに、簡単に物を買わなくなってきます。

でも、やっぱりまだまだ捨てる物が出てくる。

残念ながら、物との向き合い方は長く続きます。

大切にしている物、使えないけど高かったもの。

捨てたい、いや、使えるかも、使う日が来るかも。

それが、こないと分かるまで。

自分が納得するまで捨てられないこともあります。

気長にやるには、完璧を求めない事。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加