なぜあなたは物を捨てられないのか?汚部屋から美部屋になる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Googleアドセンス ページ広告


こんにちは。ウメです。
私自身、今はかなり物が少なくすっきりとした部屋に住んでいます。そんな私も、以前は今よりずっと物が多い生活をしていました。

そして、今でも「これいらないよな」と思う事があっても、すぐに捨てられない事だってあります。

なぜ、必要ないものが捨てられないのか?考えてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

なぜ物が多いといけないのか

khiemtran87 / Pixabay

物を手放せない時ほど、物事が思うように進まなかったり、掃除が嫌で部屋がいつも散らかっていたり、お金が貯まらなかったりします。私自身、最初のきっかけは、お金を貯められるようになりたくて雑誌のミニマリストという言葉を知った事がきっかけです。

それからミニマリストになるべく、スッキリした部屋になるように必要な物を売ったり、手放して物を減らしてきました。

すると、不思議な事にお金が年7万しか貯められなかった時もあるのに、年100万貯められるようになりました。
おまけに、掃除も大好きになりました。

それもこれも、ミニマリストの生活になったからです。

逆に物が多いとこれとは反対の生活でした。貯金しようとすると必要になるお金があって、出費が増えたり、節約と思って買ったプチプラグッズが意外に大きな出費になっていたり。

しかし、今より物が多い時にはそれが普通と思っていたのです。

物を減らすという事はそれだけ、生活やお金がコントロールできるようになるのです。

だから、物が少ない部屋に住んだ方がいいのです。

なぜ物が捨てられないのか?初級編

mattysimpson / Pixabay

物といっても、プラスチックのスプーンや大量の紙袋を取っているレベルから、ちょっとした高級食器が捨てられなレベルまで物を捨てられないレベルは様々です。

一番厄介なのは、ある程度物を捨てられるようになる前。つまり何でも取って置く時代です。

例えば、冒頭で書いたように、使い捨てのプラスチック食器や、使わないお土産、山のようにあるキーホルダー、ショップの紙袋、お土産の可愛い缶。

こういったモノを貯めこむとかなりの物が増えてしまいます。

そして、必要な時には意外に取っている物を把握しておらず、物が活躍する場面が少なくなります。また、モノが多いと物の管理は出来なくなります。その為、同じものをついつい買ってしまう。似たような物を買ってしまう。すぐ使わなくなるという悪循環を生みます。

節約意識の為、物を大切に取って置くはずなのに、なぜか物が多いと100円ショップの物なども増えてきます。つまり、チープであまり必要のない似たものが沢山ある状態になってきます。

これが一番、大変です。

早急な対処法が必要ですね。

なぜ物が捨てられないのか?上級編

ある程度物が少なく、スッキリした部屋になっても物が捨てられない事があります。

それは「いつか使う事があるかも」というものと「もったいない」ものです。

例えば、結婚式の引き出物でもらった高級食器。

素敵だけど、絶対に使わない物。趣味と違うもの。または用途がない物。こういったモノでも「一度も使っていない」とか「ブランド物だから」と思うとなかなか手放せません。

あと、私は「気に入っていたけど、昔みたいに痩せれたら着れる服」と「靴擦れしていたいけど素敵な靴」がなかなか捨てられない時期がありました。

でも、20代の体型にはならないですよ。ダイエットだってすぐ挫折する私です。

そんな服、いつ着れるようになるの?

そんな心の声が聞こえたって、捨てきれない。女性にとって服やカバンは愛着がある物なんです。

分かっていも捨てきれない。そんなことがあります。

物が捨てられない。だけど美部屋にしたい。物を減らすには?

Painter06 / Pixabay

結局、物が捨てられない理由としては「いつか使うかも」「もったいない」という意識があるからです。

それは、コンビニで無料でついてくるプラスチックのスプーンや着れなくなったブランドのお洋服も同じです。

それでは、どうしたらいいのかというと、「無料」だけど、必要ないものは断る。一つ買ったら一つ捨てるルールを作る。

例えば、コンビニやスーパーで「スプーンはおつけしますか?」と聞かれれば「いりません」と断るようにする。

新しい服が欲しかったら、着ていない服をどれか捨てる。というルールを作る。

これは、自分との仲の決め事なので破ろうと思えば破れます。しかし、そうやって物を増やさない努力をすれば、自然と物が減ります。

そして、少しずつ美部屋に近づくでしょう。

物が捨てられない理由には、もう買えないかもという心理も働いています。しかし、物が少ない方がお金も自然と貯まる。おまけに貯金が増えると
も買えないかも」という心理がなくなります。

もったいないと思う気持ちはだれにでもある物です。

しかし、その気持ちが必要ない物を引き寄せているんですね。
だからこそ、必要のある物だけになると、お金を使わなくなる。そして、お金を引き寄せるんです。

物の少ない美部屋こそ、お金を引き寄せる方法なのかもと思う今日この頃です。

ウメでした。

Googleアドセンス  関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
ブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加